フライング啓蟄


府中市の猫

 啓蟄まであと4日もあるのに今日はヒキガエルが道を歩いていて、「出てくるのはまだ早いよ」と教えてやったら、目も合わせずに草むらへ逃げてしまった。失礼なヤツだ。
 ちなみに台湾では啓蟄を「驚蟄」と書き、去年は3月6日、今年は3月5日で日本と同じなのだそうだ。台湾の3月なんて日本の初夏みたいなものだし、カエルも虫も年中活動しているのに、何をもって「冬籠りの虫が這い出る」節目としているのか分からない。ネットで調べてみたところ、立春から始まる二十四節気は戦国時代の中国で考案された季節区分法で、1年を24等分して、それぞれの区切りに名称をつけたものだとある。なのでこの区分法に従えば、世界中のどこでも3月になればカエルや虫が土から顔を出し、6月には穀物の種を蒔かなければならないことになる。
 さらに調べたところ、古代中国が春秋戦国時代を経て秦に統一された時、その領土の南端が現在の荊州市(話題の武漢市から西に200km)あたりなので、種子島と同じ北緯30°くらいの緯度となる。種子島ではハブが冬眠するらしいので、3月に這い出てくることに矛盾はない。秦の時代の中国人は、北緯21~25°に住む人々が二十四節気を使うとは想定していなかったのだろう。
 逃げられたのはカエルだけではなく、今日は猫の方も不調に終わった。
府中市の猫

 あれに見えるは近所の黒白。日差しの心地よい昼下がり、死角にもう1匹いる可能性は高い。
府中市の猫

府中市の猫

 やっぱりいた! 茶トラ白に見えるけど三毛3号。
府中市の猫

 今日の散歩は東中野バス停から多摩センターまで。うまく行けば無尽蔵レベルのコースだが、今日みたいな日の日中帯は、みんなお昼寝に入ってしまって、猫影もまばらだ。
八王子市の猫

 見えるところにいた1匹はものすごく臆病な子。
八王子市の猫

八王子市の猫

 一時停止してくれたので1ショット余計に撮れたが、この直後、床下の奥に隠れてしまった。
八王子市の猫

 それ以外はトイレに向かうキジ白が1匹だけ。
八王子市の猫

八王子市の猫

 淋しい結果ではあったが、最後に六花咪に会える(かも知れない)ので、このコースはいつも楽しみ。ほら来た。
多摩市の猫

 大きな声で鳴いている。俺のこと待っていてくれたの?
多摩市の猫

多摩市の猫

「欠伸です」
多摩市の猫

 そういや挨拶がまだだったな。
多摩市の猫

多摩市の猫

 お尻を撫でてやったら軽くごろーんして、まったりモードに入った。
多摩市の猫

 木漏れ日の六花咪に見送られて職場へ向かった。先月、大出血大サービスをかましてくれたボス的黒白は不在だった。
多摩市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 狛江市の猫

    2020.12.1

    灰色爺さん
  2. 日野市の猫
  3. 府中市の猫

    2020.11.29

    クロエさん
  4. 府中市の猫
  5. 昭島市の猫

    2020.11.27

    パイプの季節
  6. 日野市の猫

    2020.11.26

    不変の縄張り
  7. 日高市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP