縞々お焦げさん


八王子市の猫

 JINSで買った眼鏡は近視と老眼を一つで賄うぎりぎりの度数で、かけたままでスマホを見るのは厳しいが、机のパソコン画面を見ることに支障はなく、遠くを見渡して猫を探すのは格段に楽になった。ただその一方で、カメラのファインダーを覗いた時に、隙間から差し込む光を邪魔に感じたり、ファインダーの像が白んで見えることがあり、恐らくそれは眼鏡のレンズがプラスチックだからではないかという推論に至った。加えて俺の右目は先日の手術で水晶体を人工の眼内レンズに置き換えており、その材質は疎水性アクリルなので要するに合成樹脂だ。つまり今の俺は2枚の樹脂を通してものを見ていることになり、天然の水晶体1枚で見ている人よりも光が減衰したり拡散している可能性がある。この不利を少しでも解消すべく、使わずに余っていたフレームにガラスレンズを入れてもらうことにして、今日は出勤前に八王子の眼鏡店に寄り道した。猫散歩もそのついでという形になり、西八王子から八王子までの6.7kmを2時間半かけて歩いた(眼鏡店と昼食のゴーゴーカレーを含む)。
 いつものように正午前に家を出ると、こちらに気づいた武蔵が駆け寄ってきた。
府中市の猫

 高速で滑り込んでくるので、高倍率ズームレンズのトロいオートフォーカスでは追いつかない。置きピンなんかしてる暇もない。
府中市の猫

 ごろーん。
府中市の猫

 今日の武蔵はいつにも増して興奮気味。ほんの一瞬だけ止まったところを何とか捕捉した。
府中市の猫

 めじろ台を経由して西八王子にたどり着いたのは12時半すぎ。今日はお昼寝中のが多かったのか、いつもの猫路地に猫影は薄く、濡れ縁でごろごろしているのを2匹見かけただけだった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 家の人によれば、2匹は兄弟だそうだが、その説明が終わらないうちに1匹は逃走した。
八王子市の猫

 とある店舗の店先でちんまりしているのを見つけた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 おお、これは縞々のお焦げさん。
八王子市の猫

 この角度だと分かりにくいが、右目尻のクレオパトラ・ラインにレッドがあるので、この子の毛色はキジ三毛のカラーポイント。4月に撮った写真だと分かりやすいかも。
八王子市の猫

 次に見かけたのは普通のキジ三毛。何だかとても急ぎ足。
八王子市の猫

八王子市の猫

 カメラを向けると素早く避けられる。高校生のころ、好きな人の写真を撮って家宝にしようとしていたことを思い出すな。
八王子市の猫

 20分粘ってようやく近影を収めた。
八王子市の猫

 柳の花街に差しかかると、遥か彼方に猫の背中を発見。日陰なので写真じゃ見えないかな。
八王子市の猫

 行き先に目星をつけて先回り。少し遅れてやって来たのは花街のキジ白だった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 最後の写真を撮ったあと、近くの眼鏡店に寄ってレンズ交換を依頼し、さらにゴーゴーカレーという順番で出勤の途についた。よく似た兄弟にも会いたいが、ここのところまったく見ない。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 三浦市の猫

    2021.10.17

    東京脱出(2)
  4. 三浦市の猫

    2021.10.14

    東京脱出(1)
  5. 立川市の猫

    2021.10.13

    注意力散漫
  6. 新宿区の猫
  7. 立川市の猫

    2021.10.10

    定位置の母
  8. 八王子市の猫

    2021.10.9

    ごん茶トラ

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP