極めて個性的な息子の広い縄張り


立川市の猫

「夜勤ばっかりじゃやだ」と文句を言い続けたお陰で、今月から日勤が増えたことは喜ばしいんだが、11月にもなるとすっかり日が短くなり、早起きしてもまだ日の出前なので暗くて寒い。今さら夜勤に戻してくれとも言いにくいので、大人しく早朝散歩に励むことにして、家を出たのは6時ちょうど。日の出10分前のことであった。
 晴れの予報が出た時点で、今朝は緑道を歩くことに決めていて、なぜかというと猫駐車場のメンバーに会いたかったからだ。今年2月に見かけたあと、広大な駐車スペースの半分近くが建売住宅になり、それと同時に猫たちの姿が見えなくなった。中でも特に人懐っこいゴメン顔の茶トラ白の安否が気になっていて、季節が良くなったら訪ねてみようと思っていたのだった。
 しかしこの季節の7時は少し早すぎたようだ。ゴメン顔どころか、長い緑道でただの1匹も猫を見かけることはなく、終点まで来たところで、ようやく巡回帰りと思しきキジトラに会えた。
国立市の猫

国立市の猫

 逃げられるかと思ったけど、意外に平気みたい。そういうことなら挨拶しとこうかね。
国立市の猫

 ほれほれ。
国立市の猫

 日が出たばかりでまだ影が長く、路地に日なたは限られている。しかし猫はちゃんと知っている。
国立市の猫

 目を閉じて気持ち良さそうにしているね。
国立市の猫

 突然邪魔が入って迷惑そうにしているね。
国立市の猫

 次の猫も高架近くで発見。
国立市の猫

 待ってー、行かないでー。
国立市の猫

 アパートの廊下に退避したところ、真正面に俺がいるので進退窮まった茶トラ白。
立川市の猫

立川市の猫

 外階段に青目の白がいた。
立川市の猫

立川市の猫

 避けてはいるが逃げはしない。これは脈があると思っていいんだろうか……。
立川市の猫

 かつて、びっくり顔毛玉三毛の憩いの場だった駐車場。久しぶりに立ち寄ったら、ぽつねんと日なたぼっこしている猫がいた。
立川市の猫

 あれ?
立川市の猫

 学校裏の個性的な息子じゃないの。あとで寄ろうと思っていたので、ちょうど良かったけど、こんなところまで出張っているとは知らなかった。
立川市の猫

 そんな俺たちの様子を、樹上から眺めているのもいた。
立川市の猫

 近くの民家に住む霜降り君。
立川市の猫

立川市の猫

 散歩のゴールは西国立。まっすぐ職場へ向かえばいいものを、どれだけ遠回りするんだ俺。
立川市の猫

 猫はこちら。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  6. 宮古市の猫
  7. 久慈市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP