秋晴れの西多摩猫散歩(氷川編)


奥多摩町の猫

 昨日は早朝から夕方まで出ずっぱりだったため、精根尽き果ててしまって、文章書きや写真いじりする気力もなく、妻や猫たちとトトロを見たあと早々に床に就いた。ぐっすり眠れたお陰で今朝の目覚めはばっちりで、今日の日中は木工業者から届いた2枚の猫ドアを設置して、午後から夕食の仕度を始めて現在に至る。
 猫の方は昨日撮った写真が山ほどあるので、3~4回に分けて載せることにする。いちばんボリュームがあるのは今年1月以来となる山間の猫集落で、そのほかにも何箇所かに寄り道して猫に会った。今日はその中から、朝の氷川で見かけた猫たちを紹介する。
 拝島時代は50分で行けた奥多摩だが、京王線沿線からとなるとそうは行かず、6時に家を出て、奥多摩駅に降り立ったのは2時間後。座りっ放しで固まった体をほぐしながら歩いていると、早速2匹の猫に遭遇した。どちらもいつものメンバーだ。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 常駐の三毛は毛並みも良くて元気そう。
奥多摩町の猫

 地面で寛いでいたのは、何度か見かけたことのあるキジ白。やや被毛が汚れているのは、体調の良し悪しというより、無頓着な性格のせい?
奥多摩町の猫

 三毛は2011年11月以来の顔見知り。奥多摩では最も古くからの馴染みとなった。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 キジ白は巡回に入ったようだ。
奥多摩町の猫

 こちらにはまったく興味を示さず、塀の向こうへ消えていった。
奥多摩町の猫

 メインストリートの緩い坂をとぼとぼ登ってみる。黒白猫がこちらを見ているのが分かるかな?
奥多摩町の猫

 小さすぎて絶対無理だよな。いつもこんなんばかりですんません。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 まだ日の差さない細い路地に猫影あり。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 近寄ったら奥へ引っ込んで、通り過ぎたら出てきた。この毛色はブルータビーポイントかなあ。
奥多摩町の猫

 お花と一緒に光合成する猫発見。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 気温は9℃ほどだが、日が当たると暖かくていい気持ち。
奥多摩町の猫

 近寄ったら目を開けて香箱を組んだ。リラックスしているね。
奥多摩町の猫

 紅葉にはまだ早く、山並みはほぼ緑一色。赤いのは民家のトタン屋根くらいのものだが、注目すべきはむしろこちら。
奥多摩町の猫

 ほらね。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 赤い屋根は猫民家であった。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 逆光美人の三毛ちゃん。草むらに佇んで充電中。
奥多摩町の猫

 屋根の上にはさっきの茶トラ白がまだいた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 氷川の集落を一回りして戻って来たら、1台だけのタクシーが出払っていた。平日の猫集落行きバスはダイヤがまばらで、行きか帰りのどちらかをタクシーに頼らないと、現地滞在時間をうまく調整できない。仕方がないので駅の近くをぶらぶらしていると、車の下を嗅ぎ回る不審な動物に遭遇した。
奥多摩町の猫

 息遣いが聞こえてくる。熱心に嗅いでいるな。
奥多摩町の猫

 嗅ぎ回りの主をカメラに収めて間もなく、空のタクシーが戻ってきた。次回は猫集落の猫たちを紹介する予定。
奥多摩町の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 稲城市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP