秋晴れの西多摩猫散歩(上の縄張り編)


奥多摩町の猫

 ようやく奥多摩猫集落の猫たちの出番になった。
 天候不順な年とはいえ、秋になればそれなりに晴れの日が増えてくる。天気が良くて体調が良ければ、猫関係業務を休む理由はないし、涼やかな青空の下には猫も出ているから、なかなか過去の写真を差し込むチャンスが巡ってこない。今日は昨夜からの雨が降り続いていて気温も低く、家のことも片付けなければならなかったので、久しぶりに散歩をお休みした。
 奥多摩猫の方は、前回の「氷川編」に続いて、今日は「上の縄張り編」。急峻な山肌にへばりつくように展開している猫集落には、標高の低いところと高いところに二つの縄張りがあって、それぞれ勝手に下の段、上の段と呼んで区別している。下の段の猫たちは民家の敷地に引っ込んでいることが多いが、上の段には集落唯一の広い平場があり、住人や猫たちの社交場になっているので、気兼ねなく立ち入ることができる。
 息を切らしながら、つづら折りにくねった杣道を登り、平場の手前まで来ると、柵の隙間に小さな顔が並んでいるのが見えてきた。
奥多摩町の猫

 ほらいた。
奥多摩町の猫

 2匹ともまだ子供だ。今回は10ヶ月ぶりの訪問で、今までになく間が空いたので、知らない子が増えたかも知れないな。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 上の段の猫民家は、集落一の猫の溜まり場になっている。濡れ縁には真っ黒くろすけが2匹。
奥多摩町の猫

 俯瞰するとこんな感じ。杉だらけの奥多摩にあって、集落の付近は植生が自然なので、ほかよりは多少カラフルだ。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 黒が複数いるので分かりにくいが、この黒がいちばん警戒していて、時にシャーかましてくる。子供たちのお母さんかも知れない。
奥多摩町の猫

 奥から顔を出した黒は、顔立ちがあどけない。どうやら子猫は黒、黒白、キジ白の三兄弟のようだ。
奥多摩町の猫

 こちらの黒は、集落でいちばん人懐っこい子。初めて会ったのは2013年11月だが、入れ替わりの激しいこの集落では、すでに古株の1匹になっている。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 ほら来た、ごろーん。
奥多摩町の猫

 ちなみにこの子は人懐っこいが、やや飽きっぽい。
奥多摩町の猫

 そんな俺たちの様子を見つめる4つの目。
奥多摩町の猫

 警戒心と好奇心がないまぜになっているような表情。
奥多摩町の猫

 そこへお母さん猫がやって来た。
奥多摩町の猫

 にゃーんと鳴いて、駆け寄る黒白。やっぱり母子だね。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 さらに黒い子供が現れた。
奥多摩町の猫

 真ん中がお母さん。お尻は子供。黒白は首を怪我しているようだ。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 なかなか全員集合しないなーと思っていたら、キジ白の子だけ離れた場所で寛いでいた。人間でも一人だけ別行動する子っているよな(俺もだけどな)。
奥多摩町の猫

 お母さんは美人さん。左耳の縁の形からすると、一昨年11月に見かけた子猫のような気もするが、黒だけにまったく分からない。もしそうだったらメルモちゃんだ。
 次回は下の段に移動してみる予定。
奥多摩町の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 江東区の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  2. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 奥多摩町の猫
  8. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP