奥多摩下見散歩(前編)


奥多摩町の猫

 台風26号の軌跡をなぞるように北上中の27号と、その東側を併走する28号と、ダブルパンチで大荒れの月末を迎えそうな予感がするので、快晴となった今朝はさくっと洗濯して奥多摩に出かけてきた。本番はあくまで11月の紅葉だが、勤務シフトによっては行けない可能性もあるので、下見と保険を兼ねての猫散歩だ。ちなみに前回行った時の記事はこちら
 家を出たのは割と遅めの8時で、現地に着いたのは9時。最寄り駅の拝島も奥多摩も同じ青梅線だが、駅間距離が短く、速度も出さないのできっかり1時間かかる。
 家を出てすぐ、シャム混1号のお見送り。
昭島市の猫

昭島市の猫

 んじゃ行ってくる。
昭島市の猫

 1時間後、目的地に着いたらこんな空。山にはまだ雨雲が残っているけど、東から日が差しているので、何とかなるかな。
奥多摩町の猫

 猫も出てるし、大丈夫だよな。
奥多摩町の猫

 「雨降れー」
奥多摩町の猫

 「今すぐいっぱい降れー」
奥多摩町の猫

 や、やめてください。
奥多摩町の猫

 バスの発車までの間、氷川の街を散歩していると、民家の屋根で遊んでいるのがいた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 毛色は違うけどよく似た顔。兄妹かな。
奥多摩町の猫

 メインストリートの緩い坂を登っていると、2匹の猫に遭遇した。しかし三毛はすぐに逃走。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 陰に小さいのもいた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 手前の子は見覚えのある顔だなー。父親は去年会ったこの子じゃないかな。
奥多摩町の猫

 「お父さんの知り合いなの?」
奥多摩町の猫

 逃走したと思った三毛のお母さんは、近くに留まってつかず離れず。さっきの茶トラが父親の可能性もあるけど、その場合母Ooと父OYの組み合わせとなって、キジ色の子が生まれる確率は4分の1。2匹ともキジ色だと16分の1だから、ちょっと考えにくい。
 子供たちの動画はこちら
奥多摩町の猫

 奥多摩に来た時は必ず立ち寄る、はなちゃん宅。今日は窓から顔だけ出してた。
奥多摩町の猫

 ……と思ったら、出てきてごろーん。
奥多摩町の猫

 ごろーん。
奥多摩町の猫

 来月また来るからね。
奥多摩町の猫

 その後、バスに乗って猫集落に到着。去年より一つ年を取ったせいか、いつにも増して息も絶え絶えになって急坂を登っていると、兜造の旧家で寝ているのを発見。
奥多摩町の猫

 去年の9月(前々回)にも黒白がいたけど、あの時のとは違うね。黒い部分がスモークっぽいので、タグは「まだら」に分類しとく。
奥多摩町の猫

 雲がかかって冴えない天気の集落をさらに行くと、細い坂道の傍らにも1匹。まあそれなりに出ているな。
奥多摩町の猫

 とりあえず座る場所のある上の段に行くことにして、さらに前進。続きはまた後日
奥多摩町の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 日高市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  3. 昭島市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  7. 府中市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP