奥多摩下見散歩(後編)


奥多摩町の猫

 昨夜寝ている時から頭が痛かったんだが、今日の日勤は俺一人だったので、ゲボしながらシャワーを浴びて何とか出勤。歯磨き直後のゲボはとても苦いということを学んだ。
 会社にはたどり着いたものの、午前中は使いものにならず、夜勤明けの同僚に助けてもらって何とかやり過ごした。その同僚も頭痛持ちらしく、「台風が来て気圧が下がっているからですかね」なんて言っていたが、気圧が原因で頭痛になる人がいるとは知らなかった。高山病みたいなもんかな。
 頭痛と大雨のダブルパンチで、今朝の猫関係業務はお休み。先日の奥多摩散歩の後半が残っているので、今日はその時の写真を載せとく(前半はこちら)。
 バスで猫集落に着いたのは10時半。入口で2匹ほど見かけたあと、上の段の広場で一休みしていると、屋根の上でまったりしているのを見つけた。
奥多摩町の猫

 右側のキジ白は去年も会ったから覚えてる。黒白は下の段から登ってきたのかな。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 濡れ縁は隠居専用かな? ここは都会みたいに猫可愛がりしていないから、1年も経つと、みんなそれなりにヨレてくるなあ。
奥多摩町の猫

 この日の猫集落でいちばんの若手発見。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 この子も若そう。さっきのキジ白の方が小柄だったけど。
奥多摩町の猫

 集落入口の見張り台にも三毛がいた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 猫民家は相変わらず猫だらけ。適当に入って撮っていいと言われているんだが、不在のようだったので、突入は来月に持ち越しだ。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 猫集落の滞在時間はわずか40分。平日はバスが少なく、次のを逃すと3時間半待ちとなる。前回みたいに天気が良ければそれでもいいが、雲行きが怪しかったので、さっさと撤収することにした。
奥多摩町の猫

 最初に会った兜造の黒白は、まだ窓辺で佇んでいた。
奥多摩町の猫

 氷川に戻ったのは11時半。朝のうちは日が差していたのに、曇って暗くなってしまった。このまま帰るのもアレなので、再び街なかをぶらぶらしていると、とある神社の境内でキジトラを見つけた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 この辺の神社は境内に舞台がある。能でもやるのかな。
奥多摩町の猫

 冴えない天気だが猫は次々見つかる。
奥多摩町の猫

 荒れた畑に潜む三毛。ケモノの目つきだ。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 カーポートのトタン屋根の上にもいた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 毛繕いしつつも、周囲の警戒怠りない。
奥多摩町の猫

 こちらは特に動きなし。茶トラの兄弟かな。
奥多摩町の猫

 眼下の旧道に猫発見! 早速現場に急行。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 巡回中の三毛。立ち止まって0.5秒ほどこちらを一瞥したところ。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 この日最後の猫も三毛だった。奥多摩には来月の中ごろにも来たいと思っているが、勤務シフトと天気次第。今度は小河内や小菅方面も開拓してみようかな。
奥多摩町の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 新宿区の猫
  3. 国立市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  2. 昭島市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  6. 府中市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  8. 杉並区の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP