猫と安比奈線


川越市の猫

 西武新宿線の南大塚駅から分岐し、入間川左岸の安比奈新田に至る、延長3.2kmの貨物線がある。西武安比奈線という名のこの路線は、もともと入間川の川砂利を搬出するために敷設されたものだが、環境破壊が問題になり川砂利採取が禁止されたため、1967年ごろ運転を休止し、レールや架線柱などが放置されたまま現在に至る。かつて西武鉄道にはこの路線を使って車両基地を増強する計画があり、地元でも旅客線としての復活を期待していたようだが、経済の低迷や少子化で車両基地計画が白紙になり、50年もの間休止状態だった安比奈線は、今年11月末をもって正式に廃止されることになった。
 廃線歩きが好きな俺は、7年前にこの路線を歩いたことがあって、道中2匹の猫に遭遇した。猫が目的じゃなくても遭遇するくらいだから、集中して探せばもっと会えるかも知れないと思い、夜勤明けに寄り道してみることにしたのだった。
 仕事を終えたのは少し早めの8:15。最初は入間川を渡って川越線の笠幡まで歩くつもりでいたが、予報に反して天気は曇りで気温も低く、恐らく10km以上ある道のりを歩き通す自信がなくなった。入間川街道の先は原野のようなもので、スーツと革靴では難儀するのが目に見えているし、途中でヘタレても交通機関がない。全線踏破は次の宿題にすることにして、市街地を少しだけ歩いて帰途についた。
 しかし、俺は猫に関しては割とツイているらしい。ごく短い散歩にもかかわらず、沿線で何匹かの猫に会うことができた。
川越市の猫

 茶色いのがこちらを睨んでいる。
川越市の猫

 歓迎されていないことがひしひしと伝わってくる。ここから先は原野だし、今日は撤収しようかな……。
川越市の猫

 荒れた路盤をとぼとぼ歩いていると、どこからか猫が現れた。
川越市の猫

川越市の猫

 くぐもった声でごろごろ鳴いている。もう立春を過ぎて、恋の季節だもんなあ。
川越市の猫

 ありゃ、止まっちゃった。
川越市の猫

 あらま、逃げちゃった。
川越市の猫

川越市の猫

 「……」
川越市の猫

 「この季節はああいう手合いが増えるな」
川越市の猫

 「お前も恋人探しか。悪いがほかを当たってくれ」
川越市の猫

 最後に会った子の毛色が微妙で、悩みながら帰ってきた。たぶん灰白のスモークあたりだろうと目星をつけたところで、トラ子さんに遭遇。
昭島市の猫

昭島市の猫

 いつも似たような写真ばかりだが、表情はその時々で違う。ある学説によれば、猫には21種類の表情があるそうだが、耳、髭、瞳の組み合わせから考えれば、そんなものではないはずだ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 いつものキジ白もいた。
昭島市の猫

 値踏みするかのような目で見ているな。このケモノチックな目つきがたまらない。
昭島市の猫

 安比奈線は天気のいい日を選んで再訪してみる。なお、路線名の安比奈線は「あひなせん」、地名の安比奈新田は「あいなしんでん」と読むので念のため。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  7. 昭島市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP