再び足発見


日野市の猫

 先日の猫サーバメンテナンスで、SAS HDDに収まった写真データの読み出しに苦戦した時、杉並区内のとある小さな企業に助けを求めた。そこはストレージ関連機器の輸入代理店で、様々なメディアのデータコピーにも対応しており、そのための専用機器も揃っていた。基本的には業務用途の一括大量コピーであり、小ロットの個人客を相手にしてくれる見込みは薄かったが、聞くだけタダと思って電話したところ、「3.5インチSASには対応していないが、とにかくやってみましょう」と言ってくれた。
 3.5インチのSASドライブはもはや廃れており、今はどこのデータセンタも2.5インチSASに取って代わられている。したがって業務用のメディアデュプリケータなども、筐体そのものが2.5インチ用に作られ、3.5インチメディアは物理的に挿入できない。これは単純にSASの延長ケーブルをかませば解決する問題だが、通常業務でそうしたイレギュラーな方法を取ったことはなく、ケーブルを用意して実験するから少し時間が欲しいとのことだった。何日か経って大丈夫そうだとの回答があり、PDFで送ってもらった見積書には2,000円と書かれていた。神であった。
 そんな親切に支えられて、我が家の猫サーバは今日も世界各地へ猫データを送り出している。今日の散歩は日野で見かけた足からスタート。
日野市の猫

 このアングルは5年あまり前にも一度撮っている。もっとも、あの時の足は1本だったし、隣地には白菜が植わっていたけれど。今はだいぶ様相が変わった。
日野市の猫

日野市の猫

 変わったのは足の主も。5年前はまだら黒白だったが、今日はサビ。この家の常駐さんだ。
日野市の猫

 夜勤前の散歩は日野から甲州街道まで。最近よく寝られなくて、なかなか疲れが取れないので、軽めのコースにしておいた。
 猫は遥か前方を横切っている。
日野市の猫

 民家の敷地に入ったところを1枚。きれいな毛並みの麦わらさん。
日野市の猫

 しゃがんでさらに撮ろうとしたら、隣の家に逃げてしまった。猫って光の加減で印象がまるで変わるよな。
日野市の猫

日野市の猫

 ここは築堤下の猫拠点。頭をもたげてこちらを見ているのが分かるかな。
日野市の猫

日野市の猫

 この家でたまに見かける黒。鼻の下のわずかな白点がチャームポイントだ(鼻水ではない)。
日野市の猫

 疎水の通う住宅街でも1匹見かけた。臆病すぎてこの距離が限界。
日野市の猫

日野市の猫

 今日は雲が多かったせいか、20.0℃という最高気温の割には、見えるところに出ているのが多い。もし日差しが強ければ、猫にとってはやや暑く、物陰に引っ込んでしまうところだ。
日野市の猫

 ほらいた。
日野市の猫

日野市の猫

 姿勢を正す三毛。彼氏と思しき茶トラも探してみたが、不在のようだった。
日野市の猫

 砂利の地面からこちらを睨む猫発見。
日野市の猫

日野市の猫

 誰かと思ったらの顔見知りの二毛だった。口唇裂は良くも悪くもなっていないようだが、毛並みは前より少しきれいになった。親切な人に面倒を見てもらっているからだろうな。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 新北市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2021.11.24

    近すぎぃ!
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫

    2021.11.22

    クリームの丘
  4. 川崎市の猫
  5. 稲城市の猫

    2021.11.20

    下からレフ板
  6. 立川市の猫
  7. 八王子市の猫
  8. 多摩市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP