それぞれの日光浴


八王子市の猫

 出勤前に立ち寄るコンビニでは外国人留学生が働いていて、ある時はベトナム訛りで、またある時は中国訛りで、「袋いりますか」や「温めますか」の問いかけをしている。異国で頑張る学生には、現地の言葉で「請給我袋子」とか「Hãy hâm nóng món ăn này」などと伝えたいところだが、気恥ずかしい上に発音が難しすぎて、言えたことはまだない。特に女性スタッフの中国訛りを聞くと、台湾への旅心がふつふつと湧いてきて、胸がキュンとしたりもするが、その訛りが台湾由来なのか、それとも大陸由来なのかまでは分からない。
 今日は一日中暇だったこともあり、旅心の赴くまま、勤務時間の大部分を台湾猫旅のスケジュール作成に費やした。当分行けないのは承知の上で、時刻表を読み解きながら、行きたいところをパズルのように組み合わせていく机上の旅だ。小学生時代から続けているささやかな趣味だが、印刷物に頼っていた昔と違って、今はすべてパソコンで完結するし、同時に観光案内を調べたり、ストリートビューを眺めたりもできるので、その楽しみ方は比較にならないほど広がった。
 朝の散歩は京王八王子から片倉まで。峠に向かう坂の途中で馴染の茶トラが毛繕いしていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 だいぶ前、屋根の上でキスしてた子。ちょっとだけモデルを頼むよ。
八王子市の猫

八王子市の猫

 でもやっぱり日差しが心地よくて、つい目を閉じてしまう茶トラ。
八王子市の猫

 これはちょっと分かりにくいかな。日差しを浴びている点では、さっきの茶トラと同じなんだけどな。
八王子市の猫

 姿態はだいぶ違うけれども。
八王子市の猫

 もしかして、あの枝のようなものは猫よけなのだろうか。そして三毛はそれをすり抜けて休んでいるのだろうか。何という攻防!
八王子市の猫

「猫は液体」
八王子市の猫

 今朝の散歩は不調で、カメラに収まったのは3匹だけ。最後の1匹は民家の塀に張り付いていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 通り過ぎざまに何度かシャッターを押していく感じ。去年の秋に見かけた時は、急ぎすぎて門扉の向こうへ逃げちゃったからね。
八王子市の猫

 今朝は何とか持ち堪えたので、正面に回ってもう1カット撮らせてもらった。目の窪みが翳ってしまったけど、コントラストの高い朝なので仕方ないか。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 調布市の猫
  2. 大田区の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2021.11.24

    近すぎぃ!
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫

    2021.11.22

    クリームの丘
  4. 川崎市の猫
  5. 稲城市の猫

    2021.11.20

    下からレフ板
  6. 立川市の猫
  7. 八王子市の猫
  8. 多摩市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP