南武線猫行脚4(鹿島田→平間・その1)


川崎市の猫

 我が家の2匹は、マコちゃんがやや太りすぎで、サチコが痩せすぎだ。だから、サチコには好きなものをたらふく食べさせてやりたいと思っているが、一人暮らしだと置き餌するほかなく、結果的にマコちゃんを太らせることになっている。適当な箱に、小柄なサチコだけが通れる穴を開けて、その中にご飯を置いてみようと思っているが、それだとマコちゃんが暴れるかも知れない。2匹のバランスを取るのは難しい。
 お休みだった今日は、南武線猫行脚シリーズの4回目ということで、早朝から鹿島田に出かけてきた。先日、猫と飛行機を撮った帰りに寄ってみたものの、2時間歩いて1匹しか見つけられなかったので、同じ区間でやり直しだ。
 5時半すぎに家を出て駅に向かっていると、近所の路地でシャム混1号に会った。
昭島市の猫

昭島市の猫

 今朝はとても機嫌の良かったシャム混1号。上から吊っているみたいに尻尾が立っている。
昭島市の猫

 鹿島田駅をスタートしたのは6:50。歩き始めて間もなく、民家の庭で丸くなっているのが視界に入ってきた。
川崎市の猫

 キジ白は丸まったまま反応なし。奥の2匹はご飯待ちかな。
川崎市の猫

 あっという間に規定数の3匹に達してしまった……。先日の苦労は一体何だったんだろうと思いつつ、さらに多数の猫に会うべく散歩続行。塀の向こうに1匹発見。
川崎市の猫

 まだ暑くないから、日なたで寛いでいるね。俺もさっさと歩いて9時には撤収しなくちゃ。
川崎市の猫

 「そう思い通りに行くかな?」
川崎市の猫

 前回来た時に感じた通り、この辺りの猫の気配は濃厚で、場所的に撮影できないのを何匹かスルーしつつ、次に出会ったのは朝帰りのキジトラ。
川崎市の猫

 おーい、待ってくれー。
川崎市の猫

 「待てと言われて待つバカいない」
川崎市の猫

川崎市の猫

 休憩を兼ねて立ち寄った公園で、何匹かの猫が寛いでいた。
川崎市の猫

 これは長毛サバ白かな。眠いところ悪いね。
川崎市の猫

 若そうなのもいた。
川崎市の猫

 近寄ると微妙に避けられる。そんなに人懐っこくはないみたい。
川崎市の猫

 二毛がもう1匹。
川崎市の猫

 ここは君たちの仲間がたくさんいるねー。いい休憩場所を見つけたよ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 ヨレ気味の黒白はごろーん開始。気温は18℃程度と、猫が寛ぐにはちょうどいい感じだ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 少し離れた草むらで対峙中の2匹。
川崎市の猫

 茶トラは強そうだな。ここらのボスかな。
川崎市の猫

 意外なことに、いちばん友好的なのはこいつで、鼻の頭を撫でたら気持ち良さそうにしていた。処世術を身につけてこその出世だよな。
 ……というわけで、南武線シリーズ第4回は、玉砕した前回とは打って変わって大盛況。一度に載せ切れないので、続きはまた明日。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 多摩市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 羽村市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 国立市の猫

    2020.7.12

    ほくろくらべ
  2. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  3. 昭島市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  5. 川崎市の猫
  6. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  7. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  8. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP