南武線猫行脚4(鹿島田→平間・その2)


川崎市の猫

 仕事を終えるころになって急激に肉の塊が食べたくなったので、帰りに同僚と一緒に稲田堤のステーキ屋で爆食いしてきた。450gのステーキとご飯をお代わりして、お腹ぱんぱん。600gでも行けそうな勢いだったけど、安くて硬い肉だったので顎が疲れてしまって、途中で食べるのが面倒になってきた。
 今朝は雨が残っていて、久しぶりにカメラすら持たずに出勤した。昨日の続きの南武線猫行脚4回目「鹿島田→平間」の後半が残っているので、今日はそちらを片付けることにする。
 休憩のため立ち寄った公園で何匹かの猫と遭遇し、ボス猫風の茶トラに挨拶したところまでが前回。とっくに規定数の3匹はクリアしていたが、公園ばかりに頼っていては、俺の本来のテーマである街猫探しからは離れてしまう。暑くなる前に街に出なくちゃと思って歩き出すと、行く手に1匹のキジ白が佇んでいた。
川崎市の猫

 何見てるの?
川崎市の猫

 ……そう思ってキジ白の視線を追うと、その先には黒白がいた。
川崎市の猫

 すりすりしているね。
川崎市の猫

 いつの間にか至近距離に黒白がもう1匹。縄張り荒らされてるんじゃない?
川崎市の猫

 「君はいったい何者だ」
 「いやいや私はただの通りすがりですから。お気になさらずに。それじゃ失礼」
川崎市の猫

 「……」
川崎市の猫

 「……何だったのかしら」
川崎市の猫

 公園を出発したのは8時ちょうど。その後再び街歩きに戻り、20分ほどで次の猫を発見した。そろそろ暑くなって、日陰に入るようになってきたな。
川崎市の猫

川崎市の猫

 近寄ったら微妙に逃亡。ちょっと分かりにくいけど、クラシックタビーの二毛かも。
川崎市の猫

 その辺を一回りして、10分後ぐらいにまた通ったら、さっきの日陰に戻っていた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 巡回中らしき長毛三毛。ばったり出くわして固まったところ。
川崎市の猫

 日が高くなるにつれて猫影は薄くなり、次の猫に会えたのは、ゴール地点の平間駅近くまでたどり着いてからだった。
川崎市の猫

川崎市の猫

 キジ白の佇む路地の脇には疎水が流れていて、小休止のため降りてみると、さっきの場所にもう1匹増えていた。どうやら小鳥を狙っているらしい。
川崎市の猫

川崎市の猫

 「いいところなんだから邪魔しないでね」
川崎市の猫

 真剣な眼差しのレッドタビーポイント白。野鳥なんかそう簡単に捕まらないよ。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 大田区の猫
  3. 日野市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 玉里鎮の猫
  6. 青梅市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  2. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  3. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  4. 多摩市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 日高市の猫
  7. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  8. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP