« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2014-07-31
南武線猫行脚14(浜川崎→川崎新町)

 今日も夜勤に挟まれた一日だけのお休み。貴重な休暇をどう使うか色々迷ったが、家でうだうだするのもアレだし、かといって興味のあるイベントもないし、結局いつものように朝から猫散歩することにした。暑いことを除けば、楽しいしお金かかんないし、やっぱりこれがいちばん。
 この季節は朝からかなり暑いので、よほど早く行くか、猫だらけの街を選ばないと、なかなか成果が得られない。どちらも満たすならここしかなかろうということで、選んだのは南武支線の浜川崎から川崎新町まで。南武線猫行脚の14回目も兼ねて、7時すぎから散歩を開始した。
 スタート直後、自転車置き場で寛ぐ三毛を発見。
川崎市の猫

 巨大工場が建ち並ぶこの地域は、朝早くから通勤の人々がたくさん行き交う。三毛は頭を撫でてもらったりして、そうした人たちとは顔なじみのようだ。
川崎市の猫

 草むらの暗がりに光る二つの点。ちょっと分かりにくいかな。
川崎市の猫

川崎市の猫

 朝食の最中だったらしい。邪魔して悪い悪い。
川崎市の猫

 アパートの2階からこちらを眺める視線あり。ちなみに、その真下の洗い場にも白いものが見え隠れしている。
川崎市の猫

 ほらいた。
川崎市の猫

 洗い場で丸くなっていたのはキジ白。舌を鳴らして呼んだらこっちを向いてくれた。単に驚いているだけという話もあるけど。
川崎市の猫

 まあ興味はあるらしい。
川崎市の猫

川崎市の猫

 道端で日なたぼっこ中。もう28℃近くあるんだけど、まだ日なたでも平気みたい。
川崎市の猫

 敷地の奥からもう1匹登場。どちらもまだあどけない顔立ちだね。
川崎市の猫

 幼い2匹を撮って歩き出すと、隣の駐車場で排泄中の猫発見。
川崎市の猫

川崎市の猫

 おっぱいが張ってるな。お母さんかな。
川崎市の猫

 おー、張ってる張ってる。でもさっきの2匹は、おっぱいを飲むほど小さくなかったな。どこかで別の子供たちが待っているんだろうな。
川崎市の猫

 恐らくクリームタビーと思われる、おっぱいの母の向かいには、白いのもいた。やっぱりこの辺りは猫が多いなあ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 そしてさらに25分後、とある民家の玄関先で見つけたキジ白。こちらに気づくなり、カメラを構える間もなく近寄ってきた。
横浜市の猫

横浜市の猫

 とてつもなくでかい鳴き声で、道端で遊ぶことにためらいを覚えていたところ、ちょうど飼い主の婆さんが出てきてくれて、静かになった。ご飯を要求していたらしい。
横浜市の猫

川崎市の猫

 「おいらのご飯はまだかなあ」
川崎市の猫

 行き止まりの路地の奥で黒いのが寛いでいた。ちょっと遠いので分かりにくいけど、左側のオレンジ色の自転車の下。
川崎市の猫

 近寄ったら一旦引っ込んで、小さいのと一緒にまた出てきた。この季節は子猫が多くなるなー。
川崎市の猫

 生まれて2ヶ月ぐらいかな。額のM字ラインの一部が茶色になっているから、二毛かも知れない。
川崎市の猫

 2時間半に渡る散歩を終えて川崎新町に到着したが、浜川崎で会いたかった子に会えていなかったので、電車に乗ってもう一度行ってみた。今度はいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 水を飲んだあとは縄張りを巡回。去年初めて会った時より、やさぐれ感が増してきている気がするけど、とりあえず無事で何より。
川崎市の猫