西の空と東の空


立川市の猫

 目が覚めたら窓の外が明るかったので、天気がいいなら1時間コースで散歩しようと張り切って起きたんだが、青空だったのは西の空だけで、肝腎の東の空には厚い雲がかかっていた。しかも西立川からバスに乗るつもりでいたら、乗り継ぎ時間が短すぎて、目の前を走り去ってしまった。次のバスまで30分……。
 仕方がないので目的地まで歩くことにしたが、雲が厚いので暗いこと暗いこと。猫は意外にたくさん見つけたが、どれもこれも手ブレしまくりでイヤになった。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、1匹目は踏切で見かけた三毛。
立川市の猫

 カメラを向けたら踵を返して元来た方に歩き始めたので、奥の踏切に先回りしてみたが、着いた時には消えていた。
立川市の猫

 路地でもたくさん見かけたが、路地だけに暗く、手ブレが多くて使い物になる写真は少ない。こういうアングルは好きだけど。
立川市の猫

立川市の猫

 ここにも路地猫。
立川市の猫

立川市の猫

 近寄ったら、民家の庭から鳥が飛び立った。
立川市の猫

 うーん、これまた微妙な場所にいてくれるなあ……。うまく撮れるかなあ。
立川市の猫

 200mmにズームして1/30秒だよ、たまんねえなあ。左側の子は首のあたりを怪我しているようだ。意志の強そうな顔立ちをしている。
立川市の猫

立川市の猫

 西立川から30分かかってようやくスタート地点にたどり着いた。Googleストリートビューに写っている通りの場所かつ猫。
立川市の猫

立川市の猫

 人間の目には暗い朝なんだけど、猫の瞳はそんなに大きくならないねえ。
立川市の猫

 回り込んでみたら、同じ家の庇の上に三毛もいた。
立川市の猫

立川市の猫

 その後も何匹か見かけて撮ったが、ブレブレでとても見せられないので割愛。最後の猫はマンションの奥に佇んでいた茶トラ。以上すべて朝の散歩。
立川市の猫

立川市の猫

関連記事一覧

  1. 相模原市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.7.14

    お団子霜降り
  3. 立川市の猫

    2020.7.13

    寝床いろいろ
  4. 国立市の猫

    2020.7.12

    ほくろくらべ
  5. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  6. 昭島市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP