落葉の猫集落(2)


青梅市の猫

 名古屋猫旅は2日間で27kmも歩いて死ぬかと思った。名古屋というのは予想以上に起伏に富んだ街で、急な斜面でも躊躇なく直登する道が多く、時に絶望的な気持ちになったりもしたが、モチベーションを保ちつつ予定区間を踏破できたのは、ひとえに彼の地の猫たちのお陰だ。
 今回の遠征は、来月予定している台湾猫旅の試金石にもなっている。今度の旅程は4泊5日と長い上、スクーターを借りて秘境に分け入ったり、離島に渡る予定もある。言葉も分からなければ食べ物も違う異国の地で、体力や精神力が持つかどうか、自分でも量りかねているからだ。まあ俺はそんなにヤワではないけれども、危機意識は持っておかなければならん。
 さて、今日は休養日のため散歩はお休みで、夕食当番でもあるので、先月29日から載せられずに残っていた、奥多摩猫散歩の後半を紹介する。前回は氷川で会った猫たちを紹介したが、スタートがやや遅かったため、各種公共工事などで街は賑やかで、思ったほどは見つけられなかった。
 氷川散歩を切り上げて、山奥の猫集落へ向かったのは10時すぎ。平場の隅に車を止めて、上の段の猫拠点へ歩いていると、黒いのが1匹、ぽつねんとしてこちらを眺めていた。
奥多摩町の猫

 おー来た来た。集落でいちばん人懐っこい子。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 以前から右目が悪かったが、左目にも炎症があるようだ。寒くなったことだし、免疫力を回復するには、栄養のあるものをたくさん食べないといけないな。
奥多摩町の猫

 狭い集落だから、よそ者の気配はすぐに伝播する。様子を見に下りてきたのが1匹。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 こいつは古株。ぼろぼろになった耳朶が苦労を忍ばせる。俺にはまったく懐かない。
奥多摩町の猫

 日が翳ったので、改めて黒を撮ってみる。日差しが強いと被毛がテカっちゃって、きれいに写らないんだよね。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 下の段の様子を見に行くと、茶トラ白の見張り番のほか、坂の下からも1匹現れたところだった。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 まったく気を許す気配がない。先々代先代も優しかったのに……。
奥多摩町の猫

 「よそを訪ねるというのに、手ぶらで来るからだよ」
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 下の縄張りには茶トラ白が2匹とキジ白1匹。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 猫集落には40分ほど滞在したが、出てきたのはこの子が最後。
奥多摩町の猫

 この子に初めて会ったのは2014年11月で、当時生後3ヶ月ほどだった。現在は4歳(人間換算で32歳)で青年期にあたり、年齢の割にややくたびれて見えるが、野生動物と対峙しなければならない山の暮らしでは、このくらいが普通なのかも知れない。
奥多摩町の猫

 氷川に戻ったのは11時半。駅前を一回りしていると、朝も見かけた三毛が路地裏に出てきていた。
奥多摩町の猫

 使われなくなったコンプレッサー。かつて駅前食堂だった建物なので、食材を保管する冷蔵庫だろうと思う。
奥多摩町の猫

 氷川から奥多摩猫集落へ行くには、かつてはバスを利用していたが、駅前にカーシェアリングのステーションができてからは、自分で運転して行けるようになった。今回奥多摩駅前ではなく青梅で車を借りたのは、途中、寄り道したい場所があったからだ。平日日中の青梅線(青梅以西)は45分毎の運転で、途中下車して寄り道するには時間が足りないし、90分では長すぎる。車ならこの微妙なは問題にならない。
 この日、最後に立ち寄ったのは、山腹トリオの駐車場。今や1匹だけとなったキジ白が元気でいてくれた。
青梅市の猫

青梅市の猫

 差し出した手をスルーして、俺の車を嗅ぎ回るキジ白。
青梅市の猫

青梅市の猫

 一通りチェックを終えて、ようやく挨拶に成功した。4月以来の7ヶ月ぶり。
青梅市の猫

 もともとあまり懐かない子だったが、1匹になってからは、ずいぶんごろごろするようになった(動画はこちら)。人恋しいんだろうか。
青梅市の猫

青梅市の猫

 お土産のカリカリを丁重に辞退して、俺を見送るキジ白。冬のうちにまた会いに来るからさ。
青梅市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  5. 府中市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  7. 杉並区の猫
  8. 川崎市

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP