みゃーの国のにゃー(1)


名古屋市の猫

 昨日から三連休で天気も良かったので、泊まりがけで名古屋市内を散歩してきた。
 俺は名古屋にはまったく縁がなく、電車や車で通過したことはあっても、名古屋が目的で訪れたことは一度もない。猫を探して散歩しようという時に、わざわざ車社会の象徴みたいな都市を選んだのは、名古屋市には俺の名前と同じ地名があって、一度ゆっくり歩いてみたかったから。そしてもう一つの理由は、「愛知県名古屋市千種区猫洞通ねこがほらとおり」という、全国でも数少ない「猫」のつく地名があること。
 猫のつく地名で我が家から最も近いのは千葉県浦安市猫実で、3年ほど前に訪れた時は、その名に違わずたくさんの猫に会えた。また、福島県には猫のつく地名が多く、福島市猫渕、猪苗代町猫石山など5箇所もある。そのうち石川町猫啼には猫啼温泉というのがあって、25歳ぐらいの時に行ったことがあるが猫はいなかった。その他の土地も山林や田んぼばかりで民家が少なく、猫を見つけられる可能性は限りなく低いと思われた。一方、名古屋の猫洞通は都会ではあるが、日本の住居表示で一般的な「街区方式」ではなく、海外に多く見られる「道路方式」が採用されている。つまり「猫洞通」というストリートに沿って住居番号が振られるので、幹線道路に面した非常に狭い範囲で猫を探さなければならない。見つけられる可能性は低いだろうが、それでも福島の山中よりはマシだろうと踏んだのだった。
 前置きが長くなってしまった。結果的には4回に分けて載せるほどたくさんの猫に会えたが、今日は帰ってきたばかりで早く寝たいので、取り急ぎ最初の10枚を載せておく。出演は、スタート地点の鳴海駅近くで遭遇した3匹の猫たち。
名古屋市の猫

名古屋市の猫

 見返りの細面さんは恋の駆け引き中。湿っぽい声で鳴く猫が、周囲に少なくとも2匹いる。
名古屋市の猫

 「抜け駆けしてんじゃねえよ」
名古屋市の猫

 エントリーナンバー1番は黒。やや貫禄に欠けるが、なかなかのイケメン。
名古屋市の猫

 エントリーナンバー2番のキジトラは、首が太くてエラの張ったデカ顔。猫界ではこういうのがモテるらしい。
名古屋市の猫

名古屋市の猫

 黒はこちらが気になるみたい。集中しろよー。
名古屋市の猫

名古屋市の猫

 他人の恋路を邪魔するのは不本意なので、最後に黒白を撮ってその場をあとにした。
 この日の散歩は名鉄の鳴海駅から市営地下鉄の鳴子北駅まで。明日は休養日にするが、先に奥多摩散歩の後半を載せる予定で、名古屋散歩はそのあとになると思う。気長にお待ちを(こちら)。
名古屋市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 相模原市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 府中市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.5.17

    サス残し
  8. 府中市の猫

    2020.5.15

    市内を開拓

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP