サチコ似のご近所さん


府中市の猫

「待ってー」
府中市の猫

府中市の猫

 とててて。
府中市の猫

 家から自転車を漕ぎ出して1分後、背後からにゃあにゃあ声がして振り向くと、猫が追いかけてきて目の前で転がった。もしかしてこれは撫でろということかな。
府中市の猫

 おや、君はうちのサチコに似ているね。一瞬、家から追いかけてきたのかと思ったよ。
府中市の猫

 この子と同じように、サチコも色斑が鼻にかかっていて、鼻の頭がピンクではなく暗い赤になっている。この特徴を持つ猫はそれほど多くなく、赤黒い鼻の鉢割れキジ白を見ると、サチコと見まごうことが時々ある。
府中市の猫

 君はどこかの飼い猫なのかな。もし困ったことがあったら、線路端の路地を訪ねてみるといいよ。
府中市の猫

府中市の猫

 今日の猫散歩は拝島から西武立川までの5.9km。温水パイプにしがみついて離れない麦わらさんに会いたくて選んだコースだったが、今日は日差しがあって暖かかったせいか、麦わらさんは植え込みの奥で木漏れ日を浴びたまま寝入っており、カメラに収めることは叶わなかった。
 最初に見かけたのはマンションの壁際に張り付く黒。
福生市の猫

福生市の猫

 一応、目が開いている時にシャッターを切ったつもりなんだが……。真っ黒すぎてどこに目鼻がついているのかさっぱり分からん。
福生市の猫

 次の猫は灰色。黒のダイリュート(希釈色)だから目鼻は分かるはず。
福生市の猫

福生市の猫

 めっちゃ睨んでいる。とてつもなく臆病な子なので、カメラに収まることはあまりない。
福生市の猫

 とある町工場の敷地の奥で猫が日に当たっていた。
福生市の猫

 あれは顔見知りの茶トラ白。元気にしていたかー。
福生市の猫

 かつてこの裏手にもっと小さな町工場があり、こいつはそこの婆さんが可愛がっていた猫たちの1匹。今は駐車場になったその場所に猫の姿はないが、1匹でもこうして無事に暮らしているのはとても嬉しい。
福生市の猫

 温水パイプの猫拠点で麦わらさんの寝姿を眺めたあと、撮影を諦めてさらに先へ進むと、民家の縁側で寛ぐ黒白に遭遇した。
昭島市の猫

昭島市の猫

 プスプス言って何とか目を見開いたもらったところ。眼窩が窪んでいたり、アクセサリーアイラッシュ(上睫毛)が影を作ったりするので、冬の日差しは本当に撮影が難しい。
昭島市の猫

 場所を移ってくれたのはありがたいけど、あんまり変わらないかな……。
昭島市の猫

 今日の最後はお散歩中の茶トラ。ちょっと待ってくれー。
昭島市の猫

 ああ、また微妙な場所で止まってくれちゃうのね……。
昭島市の猫

「んー?」
昭島市の猫

 説得の甲斐あって、最後の1枚は日なたで撮らせてもらえた。今度お礼に美味しいもの持ってくるからね!
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2021.11.24

    近すぎぃ!
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫

    2021.11.22

    クリームの丘
  4. 川崎市の猫
  5. 稲城市の猫

    2021.11.20

    下からレフ板
  6. 立川市の猫
  7. 八王子市の猫
  8. 多摩市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP