反応する猫しない猫


昭島市の猫

 今日は夕立が降るんじゃなかったのかな。体温並みに気温が上がっても、雨が降れば落ち着いてくれると思っていたのに、結局アメダスに雨雲は映らなかったな。
 出勤前に立川に所用があって、それに合わせて自宅から立川駅まで歩くつもりでいたが、家を出た時点で36℃近くになっていて、さらに上がることが予想されたため、散歩の方は富士見町あたりの適当なバス停まででお茶を濁すことにした。「適当」というのは「死なないうちに」という意味である。
 こんな日でも絶望的に見つからないということはなく、注意深く探せば、日陰のコンクリートなどで伸びているのを観察することができる。ただ、とても日差しが強く、被写体は狭い暗がりの奥の方だったりするので、写真を撮るのは難しい。そんな感じのを1匹スルーしてほどなく、アパートの裏で伸びている2匹目を発見した。
立川市の猫

 意識ははっきりしているようだな。俺はすでに朦朧としているけどな。
立川市の猫

 次に立ち寄ったのは駅近くの猫避暑地。こないだと同じ場所で茶トラ白が寛いでいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 暑くてぼーっとしているだろうという先入観があって、不用意に近寄ったら、俊敏に逃亡。なめてかかってはいかんな。
昭島市の猫

 車の下にいるのを見つけたけど、奥すぎて無理っぽいかも。
立川市の猫

 ほらいた。この背中は……、
立川市の猫

 美人さんの妹でした。
立川市の猫

 いつもなら鳴きながらごろごろしてくれるんだが、今日はまったく反応がなかった。36.5℃などという気温のさなか、喫緊事でもなければこんなもんだろう。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. あきる野市の猫
  2. 横浜市の猫
  3. 横浜市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 調布市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP