茶色の母からは茶色の息子


八王子市の猫

 昨日は職場の送別会があって、会社帰りに多摩センターで飲んできた。23時ごろお開きになり、日付が変わるころに帰宅したが、それから猫写真を整理する気力はなく、アイスクリームを食べて寝床に入ったのだった。
 以前は毎晩欠かさず大瓶のビールを6~7本飲んでいたが、今は家でも外でもまったく飲まなくなって、アルコールを口に入れること自体数ヶ月ぶり。悪酔いしたらイヤだなと思っていたが、楽しく飲めたからか、今日の目覚めは悪くなかった。とはいえ体は重く、出勤前の散歩はあっさり目。昨日も今日も、猫はあまり見つけられなかった。
 日勤だった昨日の猫関係業務は早朝の八王子から。井戸の公園に寄ってみると、芝生の上に常駐のキジ白が佇んでいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 縄張りチェック中だったらしい。朝から忙しそうだな。
八王子市の猫

 「ここは居心地がいいから、油断していると、すぐに奪われちゃうんだよ」
八王子市の猫

 公園を一回りして、お気に入りの場所に落ち着いたキジ白。確かにこの辺はたくさんの猫がいるからな。
八王子市の猫

 その後、1匹逃げられた以外は猫に会うこともなく、片倉駅近くまでやって来た。小柄な茶トラがこちらを眺めている。
八王子市の猫

八王子市の猫

 顔つきは大人。うちのサチコみたいに、そもそも体格が小さいんだろうな。
八王子市の猫

 いつもの駐車場ではキジ白がご飯待ち。物置の上にも寝ているのがいるね。
八王子市の猫

八王子市の猫

 黒白は丸くなったまま反応なし。初めて会った一昨年の秋に比べると、ずいぶん老け込んだように見えるなあ。
八王子市の猫

 そして今日の夜勤前は茶猫タウン。実は西立川から歩いて、美人さんの妹ほか5匹ぐらい見かけたんだが、みんな敷地の奥の方で寝ていて、写真は撮れなかった。
立川市の猫

 これも奥っちゃ奥だけど、まあ何とかなった。寝てたら諦めてた。
立川市の猫

 横から見た図。室外機の上に三毛もいた。
立川市の猫

 お寛ぎのところ、驚かせて済みませんね。
立川市の猫

 路地の突き当りで茶トラ白が毛繕いしていた。
立川市の猫

立川市の猫

 車の陰に潜んだところへ、足音を忍ばせて近寄ってみたら、去年の夏に会ったお母さん猫だった。茶トラ白のメスがいるのだから、この街は茶猫が増えるわけだ。
 茶色遺伝子OX染色体上にあって、かつ白色遺伝子Wの次に強力なので、父が白猫でない限り、茶猫の母から生まれた子には必ず茶系色が混じる(茶か二毛か三毛)。特にオスの子はすべて茶になる。去年の夏見かけた時は、茶トラ白とレッドタビーポイントの子がいたので、この母のC遺伝子座の遺伝子型がCcsだということも分かる。
 猫って理科の教材にうってつけだと思う。エンドウマメとかハエとかより、身の回りの猫を観察する方が面白いと思うんだがなあ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 新北市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP