暗い朝の猫は寝坊助


川崎市の猫

 日勤前の散歩で行きたいところは山ほどあって、どこから料理してくれようと手ぐすねを引いて待っていたのに、今週末まで雨がちの予報でがっかりだ。今日はのところ何とか雨に当たらずに済んだが、いつ降り出してもおかしくない雲行きでかなり暗く、見えるところに出ていた猫はごく少数だった。
 それと、俺の職場では大規模な業務移管が進行中で、進捗が大幅に遅れているにもかかわらず、工数見直しだけが先行しているため、とりわけ日勤は息つく暇もないほど忙しい。なので、もし日勤前の散歩でたくさんの猫を見つけても、記事の作成が追いつかないかも知れない。今日は見かけた猫が3匹だけだったので、仕事中に写真の選定と文章の記述までは終わらせたが、明日以降どうなるかは分からない。
 散歩コースは京王稲田堤~京王よみうりランド。当初はまったく別のコースを予定していたが、雨が降るらしいというので不本意ながら変更。1匹目は大胆な場所に佇んでいた。
川崎市の猫

 稲田堤という地名ではあるが、この辺りは宅地化が進み、今や田んぼはほとんど残っていない。猫と田んぼの組み合わせは貴重な記録だ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 痩せた麦わらが佇んでいるのは猫民家の前。家の人が帰ってくるのを待っているようだ。
川崎市の猫

 こちらはいつもの猫拠点。もう7時を過ぎているというのに、あいつはまだ寝ているね。
川崎市の猫

川崎市の猫

 砂利を踏む音に鋭く反応。必要な時に目覚められればそれでヨシ。
川崎市の猫

 民家の敷地で人待ち顔のキジトラを見かけた。
稲城市の猫

 小さな鳴き声で誰何している。私は単なる猫好きなのですよ。
稲城市の猫

稲城市の猫

「猫好き! お土産!」
稲城市の猫

 しかしあいにく今日は手ぶら。期待に応えられず、大変申し訳ない気持ちでその場をあとにした。今日はこれだけ。
稲城市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 東村山市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 日高市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 昭島市の猫

    2022.10.3

    潜伏者
  3. 府中市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日高市の猫
  6. 日高市の猫
  7. 昭島市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP