風邪に注意


昭島市の猫

 風邪と偏頭痛には気をつけていたんだが、昨日あたりから関節痛と鼻水が出てきた。昼夜の寒暖の差が大きいので、疲れが溜まってくると、ひとたまりもない。夜勤と、その前後の猫関係業務を1回休めば、少なくとも2日間は体が空くが、あとの負担を考えるとそうも行かない。そもそも仕事を休んだ俺が、家で大人しくしているはずがない。
 秋晴れの日が続いていて、猫散歩の方はここのところ好調だ。日の出時刻は6:10となり、日勤前の朝の散歩(というか撮影)はすでに困難になっているが、今月は大部分が夜勤なので、ほとんど影響はない。今の職場に異動したころは、冬になったら月の半分ぐらいは休載だろうと思っていたが、心配していたほどではなさそうだ。時間というのは気張れば意外に捻り出せるものだが、身体への負荷が大きくなるから、気をつけないと簡単に風邪など引いて、差し引きゼロになったりもする。
 今日の写真は夜勤明けの散歩で見かけた猫たち。昨日の出勤前にも歩いているので、コースは軽めの中神~自宅にしておいた。最初に見かけたのは、とても久しぶりなサバ白兄弟。
昭島市の猫

昭島市の猫

 反対咬合のオッドアイは、何と1年5ヶ月ぶり。不審者を見る目つきでこちらを眺めている。
昭島市の猫

 こちらは普通のイエローアイ。どちらも見た目でサバ白に分類してあるが、大白斑なので、実際のところは分からない。
昭島市の猫

昭島市の猫

 とある団地を通り抜けていると、駐輪場からこちらを眺めているのがいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 同じ団地でもう1匹。今度は茶トラ白だ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 縄張りのマーキングを済ませて、ねぐらに戻るところ。
昭島市の猫

 「あいつは何だ。俺の縄張りを狙っているのかな」
昭島市の猫

昭島市の猫

 そそくさそそくさ。
昭島市の猫

 だだっ広い駐車場の隅っこで猫が寛いでいた。
昭島市の猫

 注意書きの最後が肉球になってる。無断駐車の監視員かな。
昭島市の猫

昭島市の猫

 「好きなところに止めりゃいいじゃん」
昭島市の猫

 東中神のサバ白みーちゃん。
昭島市の猫

 ちょうど寝返りを打ったところだったらしく、いくら呼んでも反応はなかった。ずいぶん毛並みが荒れているが、しばらく眺めていたら、寝相と寝言がすごくてむしろ安心した。もういい年なんだろうなあ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 最後の猫を見かけたのは11時前。車の上で茶トラが寝ていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

昭島市の猫

 しばらくの間、寝ぼけまなこでこちらを眺めていた。なお、昨日の出勤前にも散歩しているので、その時の写真は明日載せる。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 新北市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 小平市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  5. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  6. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白
  7. 国分寺市の猫
  8. 多摩市の猫

    2020.3.20

    夜の六花咪

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP