体を温めておく


稲城市の猫

 氷点下5.9℃まで下がったのだから、寒波といえば寒波だが、今までの猫散歩で最も気温が低かったのは氷点下6.2℃だから、記録を塗り替えるほどではなかった。というか今日は夜勤なので、散歩開始はお昼すぎ。朝がどうだったか知らないし、ここのところ日勤ばかりで寒い思いをしていたので、むしろ日差しが暖かくて穏やかに感じた。
 少し北風が吹いていたせいか、猫の方はぼちぼちという感じ。コースは南武線の稲城長沼から稲田堤までの約5.9km。1匹目は稲城市内のもこもこ黒白だった。
稲城市の猫

 こいつはとても久しぶり。以前、夏毛冬毛の比較をさせてもらったので、覚えている人もいるかも知れない。以前より毛並みがきれいになったようだね。
稲城市の猫

 白猫民家の白は定位置で気持ち良さそうにしていた。
稲城市の猫

稲城市の猫

 カメラを向けたら眩しそう。
稲城市の猫

 疎水べりのとある農家で2匹の猫発見。
川崎市の猫

 こちらは以前、朝の散歩でも見かけたオッドアイ。見返り風に警戒している。
川崎市の猫

川崎市の猫

 茶トラ白はのほほんとしているな。
川崎市の猫

「日に当たっていると、眠くなってくるんだよ」
川崎市の猫

 結局どちらにも逃げられたわけだが、白い方は踏み留まってくれて、そのお陰でもう1匹カメラに収めることができた。ありがたや。
川崎市の猫

 時刻は14時半。お昼寝タイムにもかかわらず、見えるところに出ているのが多いのは、今朝あまりにも寒かったから、今のうちに体を温めようとしているのかもしれない。
川崎市の猫

川崎市の猫

「このように毛を逆立てて、暖かい空気の層を作るわけだね」
川崎市の猫

「能書きはいいんだよ、どうせ日が暮れたら寒いんだ」
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. さいたま市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 国分寺市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  8. 宮古市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP