古馴染たちの朝


国立市の猫

 今日は天気が崩れるとの前提で夜勤明けの散歩をお休みしたが、結局は一滴の雨に当たることもなく、むしろ曇りがちで生暖かい空気は猫を誘い出すような気がして、まっすぐ帰宅したことを軽く後悔した。代わりに紹介するのは先月27日、日勤前の朝散歩で見かけた猫たち。猫サーバメンテナンスでドハマリしたため、先月17日から28日までブログを停止する羽目になったが、猫探しはぼちぼち継続していたので、未だに載せられず残っているのがあと5回分ある。
 特に印象に残る日ではなかったので細かいことは忘れたが、久しぶりにブアイソーズのメンバーに会えたのは嬉しかった。こちらは第二宴会場の玄関前に張り付く黒白。もちろん古い馴染だ。
国立市の猫

国立市の猫

 現在残るブアイソーズは黒白が2匹(もう1匹はこちら)。腰巾着の茶トラ白は昨年12月12日に死亡した。俺が会ったのは9月1日の朝が最後だった。なぜ腰巾着と呼んでいたのかというと、まだみんな元気だったころ、ブアイソーズ幹部の中でもいちばん下っ端に見えたからだ。
国立市の猫

 定点の猫民家に差しかかると、常駐の黒が敷地の奥に佇んで、朝日に当たっていた。
国立市の猫

国立市の猫

 記事を書いているうちに記憶が蘇ってきた。このころちょうど立川のソメイヨシノが満開の時期で、この付近の桜並木を見物したくてこのコースを選んだのだった。ついでに橋のたもとに住む三毛にも会いたかったが、あいにくそれは叶わなかった。
国立市の猫

 三毛は三毛でも、こちらの三毛は臆病すぎて接近が困難な方。
立川市の猫

立川市の猫

 だってほら、目つきがこれだもの。
立川市の猫

立川市の猫

 縁側には相方の茶トラ白もいた。君もだいぶくたびれちゃったねえ。
立川市の猫

 2011年秋に初めて見かけた時はまだ幼くて、表情にあどけなさが残っていた。猫の10年はとてつもなく長い時間だ。
立川市の猫

 桜と麦わら。猫はちょっと分かりにくいかな。
立川市の猫

立川市の猫

 フェンスの隙間から辛うじて捕捉。過去にも何度か見かけたことのある子だが、写真を撮れる場所にいてくれたことがなく、カメラに収まったのはこの日が初めて。
立川市の猫

 さすがに全身を撮るのは無理か……。
立川市の猫

 かつて三毛婆さんが身を寄せていた床屋を覗くと、ちょうどキジ白の早餐アサメシタイムだった。
立川市の猫

立川市の猫

 床屋というと三毛婆さんの印象が強いが、このキジ白もずいぶん古い顔見知りで、少なくとも7年前には会っている。ここも環境は激変しており、こいつの座っている場所がこちらの写真の赤い雨戸の辺りというと、変わりっぷりが分かってもらえると思う。
立川市の猫

 この日最後の猫は長毛のキジ白。民家の敷地の奥で日に当たっていた。
立川市の猫

立川市の猫

 ここはチョビ1号の縄張りでもあるが、姿は見えなかった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 福生市の猫
  5. 屏東市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 新宿区の猫
  2. 調布市の猫
  3. 府中市の猫

    2021.5.14

    武蔵に釘付け
  4. 府中市の猫

    2021.5.12

    男女逆?
  5. 福生市の猫
  6. 調布市の猫
  7. 八王子市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP