« 11月 2019 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2019-11-29
有閑ムッシュ

 今日紹介するのは今月21日の夜勤前の散歩から。この日は拝島からスタートして某巨大神社を通過し、立川バスの成隣小学校バス停までの5.2kmを1時間半きっかりで歩いた。某巨大神社など、神猫1号はとっくの昔に死んじゃったし、茶白みーちゃんキバちゃんもみんないなくなって、今さら何の用もないんだが、唯一わずかな可能性が残っているのは有閑マダムだ。かつては神社下の路地で見かけるたびに遊んでもらったものだが、高齢のため一昨年の夏ごろから室内飼いに移行し、時にはリードに繋いで日なたぼっこさせているとは聞いていたものの、本人があまり出たがらないらしく、この2年半で会えたのは去年2月の一度きり。そろそろ踏ん切りをつけないと、駅から遠く離れた神社の下まで行くのは辛いなあと思っていた矢先、結果から書くとこの日は偶然の神様が微笑んでくれた。
 1匹目は拝島時代に住んでいた旧々々居近く。崖線沿いの猫拠点にキジ白がいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 先月9日とまったく同じ佇まい。ここが猫の拠点だったなんて、住んでいる時はまったく気づかなかった。
昭島市の猫

 で、この子、去年8月に見かけた時は2匹の子猫を従えていたので、てっきりお母さんだと思っていたんだが、この日改めて観察したら、尻尾の下に立派なものがぶら下がっていた。猫の家族は見た目じゃまったく分からない……。
昭島市の猫

 キジ白4号は自宅の道路向かいにいた。こっち側で見るのはずいぶん久しぶりだなと思って調べたら、去年の2月以来。 いつの間にかカーポートの屋根が撤去されて、雨宿りには使えなくなっていたんだな。
昭島市の猫

昭島市の猫

 こいつも知り合って5年半。少し老けたな。
昭島市の猫

 この時間は逆光の猫拠点。冬が近くなり、まだ13時半だというのにだいぶ影が長い。
昭島市の猫

 猫は惰眠を貪っている。
昭島市の猫

 そしてすぐにバレる。
昭島市の猫

 西向きの高みに2匹の猫がいた。ここは拝島時代(前期)、2007年~2009年に住んでいた旧々々々居の近く。
昭島市の猫

 猫はこちらと……、
昭島市の猫

 こちら。どちらも二毛だけど、欄干の方はd遺伝子で希釈された灰色+クリームのサビだね。
昭島市の猫

昭島市の猫

 上のは逆光で分かりにくい。キジトラ+茶トラの麦わらかな。
昭島市の猫

 旧々々々居の時に猫散歩を始めていたら、ここの子たちをモデルにして、満月のシルエット写真が撮れたかも知れないな。当時から猫の多い土地だとは思っていたが、こんな近くに猫民家があるとは知らなかった。
昭島市の猫

 この季節、朝の散歩では東向きの猫が多いが、夜勤前の散歩は西向きが多い。
昭島市の猫

 目を閉じて壁にもたれかかっている。気持ちよさそう。
昭島市の猫

昭島市の猫

 傍らには相方の三毛がいたが、この0.5秒後に逃亡。
昭島市の猫

 2階のバルコニーに猫影あり。
昭島市の猫

 1年9ヶ月ぶりの有閑マダム。今日ここを散歩コースにしてよかった……。
昭島市の猫

昭島市の猫

 マダムと名付けたものの、実はオスらしい。有閑ムッシュに改名しなければと思っているうちに隠居生活に入り、タイミングを逸してしまった。猫散歩を引退する前にもう一度会えるだろうか。
昭島市の猫

 キバちゃんちを過ぎて隣町を歩いていると、巡回帰りと思しき黒白が西日を浴びていた。
昭島市の猫

 どうやら俺を警戒しているらしい。
昭島市の猫

 そして逃走に次ぐ逃走。追いかけたつもりはないんだが、向かう方向が偶然同じだったため、2本隣の路地で再びかち合った。
昭島市の猫

 最後は玄関前の三毛でこの日の散歩は終了。
昭島市の猫

 台湾猫旅は今日が帰国日。旅の終わりは瑞芳に立ち寄り、茶渦ファミリー人懐っこいキジトラの許を訪ねたあと、たぶん今回も地元のスーパーで池上米を買う。台湾の北部は雨がちなので無駄足になるかも知れないが、やはり親しい猫には会いに行きたい。瑞芳のあとは松山経由で台北松山空港へ向かい、いつも通り中華航空222便で羽田へ飛ぶ。帰宅するのは日付の変わった24時すぎになると思う。
昭島市の猫