またまた不調の青梅線


立川市の猫

 今朝の青梅線一駅散歩は東中神駅ということで、40分ほど歩いてみたが、いつにも増して絶不調で、見つけたのは1匹だけだった。昨日行った中神のような、区画整理されて道路が広い場所は、影の長い朝日でも日の当たる場所はそれなりにあるが、細い路地の場合は全体的に日陰になってしまうので、早い時間は猫が出て来ないのではないか思う。明日は西立川の予定だが、あそこも細い路地が多いので、あまり見つけられないかも知れない。しかも朝は3℃まで下がるというし。
 ……そういうわけで、まず始めに昨日載せ切れなかった分から。お昼休みの散歩で工務店の茶トラに会い、その隣の駐車場でキジ白を見つけたあと、会社に向けて歩いていると、ご飯中の長毛キジトラに遭遇した。
立川市の猫

 この子は近寄るとにゃあにゃあ鳴くが、これは親愛の意味ではなく、単なる威嚇なので、不用意に構うと攻撃を食らう。
立川市の猫

 南武線の踏切を渡ると、鉄道柵のそばに見覚えのある2匹がいた。
立川市の猫

 こいつはものすごく久しぶり。白斑の有無はあるけれど、ミルクコーヒー的毛色は同じなので、もしかしたらあいつの兄弟かも。もう1匹の耳曲がりキジトラはとっとと逃げてしまった。
立川市の猫

 チョビ1号。奥には白もいる。
立川市の猫

 俺、あと4日で終わりなんだよ。まだ何回かは来ると思うけど、今のうちにお別れしとく。元気でな。道路に飛び出しちゃダメだよ。
立川市の猫

 会社近くの駐車場に七三ファミリーが出ていた。いつもとは少し違った組み合わせだね。
立川市の猫

立川市の猫

 奥から順に、婆さん、新しい子供、子供B。
立川市の猫

 この組み合わせで家族になったのかな。婆さんの遺伝子型はたぶんaabblcscaあたり。子供Bがブラウンクラシックタビー白だからA-B-C-。この組み合わせでも黒白の子供(aaBbBblCcsCca)は生まれるけど、確率はかなり低いんだけどな。婆さんと子供Bの子ではないんだろうな。
立川市の猫

 そして今朝、東中神散歩で見つけた唯一の猫。
昭島市の猫

昭島市の猫

 一回りして戻ってきたら、庇の上に乗っかっていた。
昭島市の猫

 お昼休みの散歩は40分ほど。時々通る猫アパートにキジトラの子猫がいた。
立川市の猫

立川市の猫

 建物の陰にも1匹。こちらはキジ白だね。
立川市の猫

立川市の猫

 高いところで見張っていたこの子がお母さんなのか、
立川市の猫

 ……それとも、自転車の陰で見守っているこの子がそうなのかな。
立川市の猫

立川市の猫

 みんな意外に物怖じしないね。
立川市の猫

 やっと会えた豆腐屋の茶トラ白。
立川市の猫

 日差しが強くて眩しそう。豆腐屋の親父さんにも会った。
立川市の猫

 今日の最後は七三のメタボ爺さん。最近太ってきた子供Bも、こんなんなっちゃうのかな。
立川市の猫

立川市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 新北市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  5. 府中市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  7. 杉並区の猫
  8. 川崎市

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP