三毛ちゃんはまだ眠い


日野市の猫

 今日は市内某所に用向きがあり、早朝から出かけてお昼前に帰ってきた。ついでに床屋で髪を切るつもりでいたが、空いた時間で猫を探していたら10km以上歩いてしまって、面倒臭くなったので先送り。台風が最接近する明後日の午後あたりなら、床屋の主人も暇に飽かせて丁寧に切ってくれるだろう。
 肝腎の猫の方は距離の割にからっきし。かつて猫影の濃かった猫物流コースを歩いてみたものの、ここのところめっきり数を減らして、時にはまったく会えないことすらある。今はまだ辛うじて同じ市内だから時々訪れているが、府中へ引っ越したあとは足が遠のくような気がしている。
 最初の猫は民家の壁際の三毛ちゃん。だいぶ日の出が遅くなってきて、6時半なのにまだ日が差さない。
日野市の猫

日野市の猫

 いつもなら駆け寄ってくるのに、今朝は細目を開けて一瞥するのみ。猫のテンションってお日さまに依存してるのね。
日野市の猫

 日なたはこんな感じでドピーカン。さっきの写真から40分経過。
日野市の猫

 猫はこちら。
日野市の猫

 生け垣の隙間からレンズを差し入れたら、怪訝そうな表情でこちらを眺めていた。
日野市の猫

 車の下から現れたのは猫物流の婆さん。
日野市の猫

日野市の猫

 朝ご飯がまだなのか、にゃあにゃあ鳴いてついて回る。とはいえ懐いているわけではなく、近寄りすぎると逃げてしまうので、少し離れたところから1枚撮らせてもらった。
日野市の猫

 臆病な父は人目につかないようにしていた。
日野市の猫

日野市の猫

 逃げ足の速い父。昔は触っても平気だったのになあ。
日野市の猫

 毛並みはきれい。きちんと食べているようだね。
日野市の猫

 所用を済ませて帰宅したのは11時。すっかり日の高くなった猫ヶ丘に黒が1匹いた。
日野市の猫

日野市の猫

 ずいぶんリラックスしているね。
日野市の猫

 気温は23℃ほどで、日なたか日陰か微妙な立ち位置。このあと帰宅して我が家の猫をバルコニーに出したら、サチコもマコちゃんも日なたを選んで寝ていた。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  5. 府中市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  7. 杉並区の猫
  8. 川崎市

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP