疲れ目の土曜日


立川市の猫

 本来まったり過ごすはずの土曜日だというのに、一日中パソコンに張り付いて仕事していたので、目が疲れてしまって辛い。年を取ると体の色んなところの衰えを感じるが、目の疲れというのも相当なストレスだ。眼鏡をかけているので、これがなくなるだけでもどんなに楽かと思うが、コンタクトは性に合わないし、これはこれで新たなストレスを生む。レイシック手術でも受けようかなあ。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日は雲は多かったものの一応晴れたので、街にもそれなりの猫が出ていた。朝一発目は西国立駅近くの黒白。
立川市の猫

 そんなに臆病な子ではないんだが、朝は時間がないのでどうしても急いでしまう。急激な動作は逃げられる要因の一つだ。
立川市の猫

 チョビ1号も庭に出てぼけっとしていた。ここの家も定点観察みたいになってきたので、いずれ挨拶しとかなきゃなあ。
立川市の猫

立川市の猫

 お昼休みは社内でご飯を食べてから外に出た。図書館で借りていた「ネコの毛色」の返却期限日だったので、今日の散歩は図書館方面。七三ファミリーの爺さんが庇の上で寝ている。
立川市の猫

立川市の猫

 これはちょっと分かりにくい写真だけど、この時期の晴れの日はだいたい居場所は決まっている。
立川市の猫

 ほらいた。こうした集中力を、ほかの方面で発揮していれば、もう少し出世したのかもな、俺。だってつまんないことに力使いたくないんだもん。
立川市の猫

立川市の猫

 「国有地」と大書された看板の立つ空き地。時々通るところだけど、猫を見かけたのは初めてだった。
立川市の猫

立川市の猫

 砂利道の路地に黒いのもいた。この間の雪はほとんど解けてなくなっている。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 最後の猫は時々窓辺で見かける茶トラ。
立川市の猫

立川市の猫

 今日はびっくり顔だった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP