まだら難民


日野市の猫

 今日は所用のため朝から平山へ出かけてお昼前に帰ってきた。いつものように猫散歩とセットのお出かけだが、この季節は朝から暑いので大した成果は見込めない。見つけられれば儲けものくらいの気持ちで散歩して、何匹かの猫に会うことはできた。
 9月に入ってやや日の出が遅くなり、6時を過ぎても細い路地は暗いまま。黒煙ちゃんは隅っこでじっとしていた。
府中市の猫

 ……カメラを向けると動き出してくれちゃう、嬉しいような悲しいような人懐っこい子。
府中市の猫

府中市の猫

 近所では大白斑の黒白も見かけた。黒煙ちゃんは縄張りがとても小さいので、この子との面識はないと思う。
府中市の猫

 平山に着いたのは7時前。背中に日差しを受けながら、銀三毛が朝ご飯を食べていた。
日野市の猫

 先月も見かけた子。このあと建物の裏側に隠れてしまった。
日野市の猫

 涼しげな場所で惰眠を貪る猫発見。
日野市の猫

日野市の猫

 ゴーヤ棚は日よけになるし、食べても美味しいし、いいことづくめだね。
日野市の猫

 日野市というのはお金もないくせに、えげつないくらいの大規模土地区画整理事業を行っていて、月に一度程度の散歩でも景観がめまぐるしく変わる。こうした場所で猫に会えるのも今のうちだ。
日野市の猫

 長毛キジ白は初めての子。懐いてくれるかな。
日野市の猫

日野市の猫

 去年まで同じ日野市民だった猫好きですよ。仲よくしてくださいな。
日野市の猫

 おお、話の分かる子!
日野市の猫

 なだらかな段丘に広がる里山を一回りして、最初の猫民家に戻ると、先ほどの銀三毛の代わりに、まだらの鉢割れ猫がぽつねんとしていた。
日野市の猫

 近くの廃屋から子猫の鳴き声が聞こえていたので、この子はきっとお母さんで、ご飯をもらいに来たのだろう。何となく初めてではないような気がして、帰宅してから調べたら、ここから200mほど離れた猫拠点で時々見かけていた子だった(こちら)。あの猫拠点は土地区画整理に伴い、2ヶ月ほど前に家主が退去して、建物も木っ端微塵に取り壊された。そこで暮らしていた猫たちも当然一緒に引っ越したと思っていたが、どうやらそうではなかったらしい。優しい家を見つけたこの子は運が良かったが、ほかの猫たちの行方は分からない。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 狛江市の猫

    2020.12.1

    灰色爺さん
  2. 日野市の猫
  3. 府中市の猫

    2020.11.29

    クロエさん
  4. 府中市の猫
  5. 昭島市の猫

    2020.11.27

    パイプの季節
  6. 日野市の猫

    2020.11.26

    不変の縄張り
  7. 日高市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP