お父さんを探せ


立川市の猫

 今になって真夏の暑さが戻ってきた。今日は昨日以上に雲の切れ間が多く、最高気温は33.5℃まで上がった。天候が不順だった時は割と調子の良かった猫探しも、こうなってくると思うようには見つからない。おまけに夜勤前の散歩なので、最も気温の上がる13時~14時台に歩き回ることになり、熱中症に注意しないと生命の危険さえある。そんな条件で猫なんか見つかるわけがないと思いがちだが、丁寧に探すと意外にいてくれるから油断ならない。
立川市の猫

 ……とはいえ、土地勘もないような場所を闇雲に歩き回ったのでは、単に命を削るだけになってしまう。この子は顔見知りで、この辺りをシマにしている三毛。以前も道端の日陰で見かけたことがあって、もしかしたらと車の下を覗いたら、案の定いた。
立川市の猫

 寛いでいるところ、びっくりさせてごめんね。
立川市の猫

 とてつもなく分かりにくい写真でどうも済みません。引いて撮れる場所がこれ以外になかった。
立川市の猫

立川市の猫

 猫家族を見つけちゃった。まさにこれが猫散歩の醍醐味。
立川市の猫

 どちらも生後7~8ヶ月くらい? 兄妹猫かな。
立川市の猫

 黒い子猫は好奇心が強いようだ。カメラのレンズも大丈夫みたい。
立川市の猫

 やや長毛のキジトラお母さん。5月末に見かけた時、おっぱいが張っていたので、出産したばかりなのだろうなーと思っていた。子供たちが無事に成長しているようで何より。
立川市の猫

立川市の猫

 臆病な方は麦わらちゃん。ちなみにこの家族をO遺伝子座に着目して分析すると、母はoo、息子はoY、娘はOoなので、父の遺伝子型はOYとなり、毛色は茶トラ系である可能性が高い。もちろん、より上位のW遺伝子をヘテロ(Ww)で持つ白猫かも知れないし、薄色やカラーポイントなどの可能性もあるが、俺の知る近所の猫分布からすると、去勢済を示す耳カットのないこいつあたりが怪しいと睨んでいる。今度会ったらパパと呼んでやろう。
立川市の猫

 猫家族に会えたのは嬉しかったが、しゃがんで猫を構っていたら滝のように汗が出てきて、不快指数は100%。さっさとモノレールに乗ってクーラーに当たろうと思っていたら、駅の近くでもう1匹見つけた。
立川市の猫

立川市の猫

 立派な耳毛のキジ白。胴体は毛刈りしてもらっているようだね。
立川市の猫

 ここは霜降り猫の多い家で、この子も全身を見て確認したかったが、臆病で歯が立たなかった。今日のところはキジ白に分類しとく。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  4. 宮古市の猫
  5. 久慈市の猫
  6. 三鷹市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP