海の男


大田区の猫

 ゴールデンウイークが終わって行楽地から人が消えたので、俺の出番だ。
 ……と思ってみたものの、今月は早くもピンチ気味なのであまりお金がない。予定では小湊鉄道に乗りに行こうと思っていたが、いつの間にかダイヤ改正していたらしく、4:53の始発に乗っても現地に着くのは9時すぎになることが判明した(改正前は8時半に着けた)。それだと天気によっては猫が昼寝タイムに入ってしまうのでちょっと遅い。立川までタクって中央線の始発に乗れば8時前に着けるが、深夜割増の時間帯でもあり、少なくとも3,000円は余計にかかる。平日だから「休日おでかけパス」も使えないし、俺は年寄りだから帰りはグリーン車に乗らなければならない。食事代を含めれば1万円近い出費になるので、今回は諦めて、羽田の近くの海猫に会いに行くことにした。
 五井ほど遠くはないが、それでも始発に乗って現地に着いたのは7時。人気のない公園をゆっくり散策していると、枯れ草の上で行き倒れ的に寝ているのがいた。
大田区の猫

大田区の猫

 熟睡中。肉球に触っても反応なし。
大田区の猫

 海を眺めてぼけっとしていると、しばらくして岩場の上に黒白が現れた。
大田区の猫

大田区の猫

 前回も会った子かなと思ったら模様が違ってた。
大田区の猫

 「海の男には眩しい日差しだな」
大田区の猫

 「海の男といっても、海中で生活しているわけじゃないぜ。俺は海産物じゃないからな」
大田区の猫

 海岸から離れた場所にも猫発見。こんな早くからここに来たことはなかったが、やっぱりたくさんいるらしい。
大田区の猫

大田区の猫

 小柄なキジ白。まだ若いのかな。
大田区の猫

 キジ白の後ろには茶トラ白もいた。芋ずる式ってやつだね。
大田区の猫

大田区の猫

 あちこちに残るゴミが、昨日までの混雑を物語っている。こんな地味な公園でも、休みの日は人がたくさん来るからなあ。
大田区の猫

 園内を軽く回って海辺に戻ると、海の男がまだいた。
大田区の猫

 「空の男もいいよな」
大田区の猫

 「……外国には、それはそれはきれいな子がたくさんいるらしいな。空の男はカッコいいからモテモテだろうな。しかも俺ってばチョビ髭だから無敵だよおいどうするよ困ったなー」
大田区の猫

 「……いやいや待て待て待て、俺にはサバ子さんという許婚がいるのだ。異国の俺を想うサバ子さんを裏切るなんてできやしない。俺はバカだ。バカバカだ。うーんぶつくさぶつくさ……」
大田区の猫

 「あっ、海の男だ! ごろーん」
 「や、やめてくれよ」
大田区の猫

 「あいつは何をやっておるのだ」
大田区の猫

 ……ということで前半終了。残りは後日
大田区の猫

関連記事一覧

  1. 杉並区の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP