さよならヨレヨレ君


日野市の猫

 昨日の海の続きは写真の整理がつかないので明日ということで、今朝の散歩は猫物流に行ってきた。一昨日の夜勤帰りにも寄ったばかりだが、あの日は気温が28℃近くまで上がって、ただの1匹も見かけなかったのだった。
 7時前に家を出て通りに出ると、スーツ姿のサラリーマンや制服の学生が普通に歩いていた。交代勤務に入ってから間もないので意識していなかったが、そういえば今日は平日なのだった。八高線に2駅乗って、北八王子から散歩開始。このコースは猫物流までは空振りのことが多いんだが、今朝は珍しく1匹見つけた。
八王子市の猫

 もう少し引いて撮れば良かったな。
八王子市の猫

 のほほん顔の黒白だった。
八王子市の猫

 青空の下の猫物流。入口で立哨しているのが見えた。
日野市の猫

日野市の猫

 近くの通りにも2匹ほどいた。ご飯待ちなのかな。
日野市の猫

 人待ち顔の茶トラ白。
日野市の猫

 猫物流に戻ると、さっきの三毛と茶トラ白がじゃれていた。
日野市の猫

日野市の猫

 あれ、君たちうまく行ってたんだ。三毛ちゃんに思いっ切り避けられてたから、てっきり失恋したのかと思ってたよ。
日野市の猫

 仲睦まじいことで結構ですな。
日野市の猫

日野市の猫

 ここに来た目的の一つは、ヨレヨレ君に会うことだったが、出勤してきた猫物流の人によると、1ヶ月ほど前に死んでしまったとのことだった。もともとどこからか流れてきた猫で、当初から吐血や下血がひどく、病院で診てもらったが治らないと宣告されていたそうだ。
 見た目のヨレ加減と裏腹に大食漢で、行動範囲は広く、そしてとても人懐っこかった。流れ歩いている間は苦労もしただろうが、猫物流に身を寄せた晩年は、たらふく食べられて満足だったと思いたい。俺自身は、ほとんどの場合生死すら不明な外猫との別れの中で、転帰が分かっただけでも良かったと思っている。最期は社長室で看取られて息を引き取ったそうだ。俺が最後に会ったのは3月19日だった(こちら)。いつもと違い、離れた公園まで追ってきてこちらを眺めていたのは、別れを予感していたからなのかも知れない。
 悲しい気持ちで帰ってきて、家に戻る前に駅前を一回りしていると、巡回中の渦巻き模様を発見。
昭島市の猫

 向こうにも3匹。2匹の黒白はこの前会った子たちだ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 この子と渦巻き模様は人懐っこすぎて、足許から離れないので写真が全然撮れない。たくさん遊んで堪能できたけど。
昭島市の猫

昭島市の猫

 猫じゃらし代わりの雑草を奪って凱旋中。
昭島市の猫

昭島市の猫

 日なたで30分以上遊んだので小休止。年齢も同じぐらいな感じだし、この2匹は兄弟かも知れないな。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 江東区の猫
  3. 立川市の猫
  4. 中央区の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日高市の猫
  2. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  3. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  4. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白
  5. 国分寺市の猫
  6. 多摩市の猫

    2020.3.20

    夜の六花咪
  7. 昭島市の猫
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP