海の次はナナちゃん


中央区の猫

 今日はこれから夜勤なので、一昨日行った海の続きを……。
 海辺の公園には3時間ほど滞在したが、日が高くなるにつれて風が強くなってきた。猫たちも岩の隙間や植え込みに潜っててしまったので、次の目的地であるナナちゃんの運河へ向かうことにした。
 最後に、お世話になった猫たちにご挨拶。まずは黒白鉢割れから。
大田区の猫

 この日の最大瞬間風速は18.8m/s。ねぐらに帰って寝てください。
大田区の猫

 「サバ子さん……」
大田区の猫

 「な、何見てんだよ。あっち行けよ」
大田区の猫

 海の男はシャイなのだった。
 次に向こうから現れたのは、朝一番に枯れ草の上で寝ていたキジ白。
 今起きたの? もう9時半だよ。
大田区の猫

 日なたの海辺は暑かったらしく、植え込みの下に直行。
 帰ってきてから調べたら、こいつは1年半前ここで出会った「お魚くわえたどら猫」だった。写真では分かりにくいが、動画の後半に映っている模様で分かった。だいぶくたびれちゃってるけど、元気そうで良かったよ。
大田区の猫

 キジ白もいた(動画はこちら)。この岩場の隙間にはいったい何匹潜んでいるんだろう。君たちはフナムシか。
大田区の猫

 「寝坊しちゃった。もう暑いや」
大田区の猫

 「じゃねっ、ばいばい」
大田区の猫

大田区の猫

 海辺の公園から撤収して、次に向かったのはナナちゃんの家。時刻は11時半になっていて、ちょっと遅かったかなと思ったが、ちょうど巡回から戻ってきたところだった。
中央区の猫

 ここは木陰になっているんだね。勝どきには冬の間しか通わなかったから知らなかったよ。
中央区の猫

中央区の猫

 ごろーん。
中央区の猫

 相変わらず人懐っこいナナちゃん。動画も撮っといた。
中央区の猫

 もう帰るから、匂いを覚えておいてね。
中央区の猫

 無理かも……。
中央区の猫

 ナナちゃんのあとは、唐突に室内に移動。
 この辺りの運河には様々な船が係留されていて、その中には屋形船も何隻かある。以前勝どきで勤務していた時、その屋根にキジトラが乗っかっているのを見かけることがあって、船長と呼んで時々様子を見に行っていた。
 この日はたまたま本物の船長がいたので、挨拶してキジトラの様子を見に来たことを話すと、「そういうことなら」と船内に招き入れてくれたのだった。
中央区の猫

 資材置き場となっている退役船の船艙に10数匹の猫たち。本物の船長は猫好きだった。俺も脱走防止や衛生には気をつけているつもりだが、この数でこれだけきれいにしとく自信はない。
中央区の猫

 「能書きはいいから遊んでおくれよ」
中央区の猫

 一般的に屋形船といえば酒に食事に芸者さんだが、ここなら猫に接待してもらえるかも知れない。本気で頼みたい方は管理人まで。
中央区の猫

関連記事一覧

  1. 新北市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 国分寺市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 世田谷区の猫
  2. 立川市の猫

    2020.2.28

    無関係な3匹
  3. 八王子市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  6. 府中市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 相模原市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP