お魚くわえたどら猫


大田区の猫

 今日は夕方から羽田に用があったので、早く出かけて海辺の下町を散歩してきた。朝のうちは寒かったのに、日中は天気が良くて暑いくらいだった。6月から猫散歩を始めて4ヶ月経ったが、海に行くのも都内に行くのも今日が初めて。
 最初の写真は、釣りやレジャー客で賑わう岩場の海岸で。ここは埋め立て島なので、この岩場ももちろん人工海浜だ。この子は一体何をしてるんだろう。
大田区の猫

 わっ! 釣った魚持って行きやがった!
大田区の猫

 絵に描いたような「お魚くわえたどら猫」。ホントにこういうことがあるんだなあ。これらの写真が撮れただけで今日は幸せになった。ちなみに魚はたぶんハゼ。
大田区の猫

 約束の時間まで少し余裕があったので、バスとモノレールで海辺の下町に立ち寄った。この街には15年ほど前に住んでいたことがある。
大田区の猫

大田区の猫

大田区の猫

 15年ぶりに来てみて思い出した。ここは猫の巣窟だったんだ。
大田区の猫

 そろそろ時間なので、羽田に向かおうと思っていたら、道の向こうから黒っぽい物体が近寄ってきた。
大田区の猫

 問答無用で懐に入ってきた。まだ子供のサビ猫だ。
大田区の猫

大田区の猫

 カメラバッグの上に乗っかっておすまし顔。無邪気で可愛いねー。
大田区の猫

 俺そろそろ行かなきゃ。じゃあまたね。
大田区の猫

 急ぎ足でモノレールの駅に戻ろうとしたが、迷ってしまった。昔住んでいた家のすぐ近くなのに、全然覚えていなかった。そんな道すがらも、次から次へと猫が見つかる。時間がなくて、泣く泣くスルーした猫もたくさんいる。
大田区の猫

大田区の猫

 最後は通りを横切る黒猫でおしまい。15年ぶりに訪れたが、この町の猫の多さは相変わらずだった。必ずまた来るぞ。……ていうかもう一度ここに住みたい。
大田区の猫

関連記事一覧

  1. 羽村市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 調布市の猫
  4. 立川市の猫
  5. あきる野市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP