一人上手っ子の黒煙ちゃん


府中市の猫

 六花咪がお持ち帰りされてしまった。
 六花咪は単に人懐っこいだけでなく、とても素直な性格なのでファンが多く、今までも何度かお持ち帰りされたことがあるそうだが、いずれも上手く行かずに出戻ってきた。知らない場所やほかの猫を非常に恐れるのだそうで、確かに一緒に遊んでいても、異質な気配を察するとかなり早い段階で逃げてしまうし、ほかの猫と上手くやれないことは黒白ボスごんとの関係を見れば分かる。俺自身も雨や雪に濡れながら逢瀬を重ねるうち、自宅に迎え入れてはどうかと考えたことはあるが、それでなくとも気難しいのが2匹がいるところへ、そんな繊細なのが加わって、3匹のオスが仲睦まじく暮らす姿が想像できなかったので早々に諦めた。
 外暮らしが厳しいことは言うまでもないが、先住猫が2匹いるというその家で果たして上手くやって行けるのか。もしダメだったらどうするつもりなのか。心配すればきりがないが、六花谷の事情通によれば、六花咪の面倒を見ている人が偶然お持ち帰りの現場に居合わせたとのことで、今後も繋がっていられそうな点は幸いだった。もし知らないうちにいなくなっていたら、面倒を見ている人たちや六花咪ファンが総出で探し回る羽目になっていた。個人的に淋しくてやり切れない気持ちはあるが、上手く行くなら悪い話ではないのだし、当面は推移を見守ろうと思っている。
 今日の夜勤前の散歩は京王八王子~片倉の6.1km。正午前、猫デッキでマコちゃんを撮ってから出発だ。
府中市の猫

府中市の猫

 カメラはあまり好きじゃないマコちゃん。しつこくされるとこんな顔になっちゃう。
府中市の猫

 家を出てすぐに足止め。逆光の路地で黒煙ちゃんが転がっていた。
府中市の猫

 一人遊びが好きな黒煙ちゃん。ころころして可愛いねえ。
府中市の猫

府中市の猫

 日差しが強くて胴体がきらきらしている。カラーポイントみたいだ。
府中市の猫

 順光だとこんな感じ。首から下が赤茶けているのはターニッシュだと思うが、時期によって消滅することもあり、去年12月はこんな感じで赤味がなく、遡って同年4月は今と同じくらい赤かった。猫の毛色って本当に不思議。
府中市の猫

 厳しい視線の先は武蔵邸。
府中市の猫

 黒煙ちゃんは黒猫にティッピングが生じたブラックスモークだけど、こちらは純正のまっくろくろすけ。日差しが眩しいせいで限りなく目を細めている。
八王子市の猫

八王子市の猫

八王子市の猫

 モルタルと玉石の玄関ポーチは季節を問わず猫が寝ている。夏はキジ白の避暑地になっているようだ(一例)。
八王子市の猫

 屋根の上で日に当たる猫発見。
八王子市の猫

八王子市の猫

 何だかしょんぼりしている。元気出せよー。
八王子市の猫

 あらら、余計しょんぼりしちゃった。
八王子市の猫

 ここはかつての猫拠点。ひな壇地の駐車場にはただ一匹残ったキジトラがいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 散歩の後半は雲が多くなり、日が差したり翳ったりして猫も忙しい。こいつはだいぶお年を召していそうなので、体温を保持してくれる恵みの日差しだね。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 寄居町の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫

    2021.11.29

    煤渡り現る
  2. 日野市の猫
  3. 川崎市の猫

    2021.11.24

    近すぎぃ!
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫

    2021.11.22

    クリームの丘
  6. 川崎市の猫
  7. 稲城市の猫

    2021.11.20

    下からレフ板
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP