茶白捕物帳


横浜市の猫

 横浜の南端に住む友達に会うため、朝早くから出かけて、18時半ごろ帰ってきた。朝のうちは天気も上々で、約束の時間まで2時間半ほどの散歩で、どれだけの猫に会えることかと期待していたが、思っていたほどではなかった。お昼前から急に天気が崩れて雨が降り、予定していたコース(金沢文庫~金沢八景)を途中で打ち切ったのもあるし、そもそも低気圧の接近で朝から風が強く、猫散歩には不利だったのかも知れない。
 とはいえ歩く以上は見つけるのが俺の使命だ。3回目となるこのコースでいつも立ち寄る某巨大寺院に行ってみると、巡回中と思しき茶トラ白に行き会った。
横浜市の猫

 先回りして待っていたら、回廊の下を通り抜けて出てきた。
横浜市の猫

 唐突に、ごろーん。巡回というのは色々忙しいものだな。
横浜市の猫

 不審なものでも見つけたかな。
横浜市の猫

 あらま、トカゲじゃん。気の毒に、あれじゃ飽きるまで嬲られるなあ。
横浜市の猫

横浜市の猫

 戦利品をくわえて凱旋中。
横浜市の猫

「おっとっと」
横浜市の猫

「あれれ?」
横浜市の猫

「逃げちゃった」
横浜市の猫

 オモチャ代わりに嬲られてポイされたのでは、トカゲもたまったものではない。必死に抵抗して、無事に逃げおおせたようだったので、俺も散歩を再開した(動画もあり)。次の猫は民家の玄関先で発見。
横浜市の猫

横浜市の猫

 最初は敷地の奥の方にいたけど、立ち去るふりをするたびに近づいてくる。傾いた右耳が可愛いね。
横浜市の猫

 民家のキジ白と別れて間もなく、ついに雨が降ってきた。またカメラを濡らすことになってしまって、だだ下がりのモチベーションのまま歩き続けていると、行く手に黒いのを見つけた。
横浜市の猫

 追いついてみると、広い駐車場の隅っこで、ちょこんとしていた。
横浜市の猫

「君は見ない顔だね。美味しいものを持ってきたのかい?」
横浜市の猫

 あいにく気に入ってもらえそうなものは持っていないので、お詫びに背中をひと撫で。毛色はまだらのようだね。
横浜市の猫

 猫は濡れるのが嫌いとか言うけれど、いちばん嫌がるのは人間だ。ズームレンズの鏡胴についた水滴を気にしていたら、細い路地に迷い込んでしまった。
横浜市の猫

 逃げた茶トラのあとを追っていたら、見覚えのある道に戻れた。ありがとー。
横浜市の猫

 蝶タイがお洒落だね。近所の飼い猫かな。
横浜市の猫

 雨が強くなる一方なので、散歩はここで打ち切ることにした。海沿いの通りで本日最後の猫発見。
横浜市の猫

横浜市の猫

 このあとシーサイドラインで金沢八景に出て、そこからさらにバスに乗って、待ち合わせ場所の大船に向かった。天気が悪かったのは低気圧の通過中だけだったらしく、夕方には快晴に戻っていたのが、ちょっと悔しいかも。
横浜市の猫

関連記事一覧

  1. 横浜市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  8. 宮古市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP