台灣貓散步(2)


新北市の猫

 日勤の今日は朝の散歩をお休みするつもりでいたが、珍しく寝坊したので、どのみちできない運命だった。遅刻はせずに済んだけれども、連休明けは慌ただしい朝になってしまった。
 猫の方は先日の台湾猫散歩の2回目を(前回はこちら)。初日の22日は羽田~台北松山~花蓮のルートを飛行機で移動して、花蓮空港から宿まで15kmほど歩いてみたわけだが、曇って寒かったせいか、期待していた成果は得られなかった。猫はむしろ夜にたくさん出歩いていて、決していないわけではないことが判明したため、翌朝に期待することにしてその日は早く寝た。
 ちなみに、1泊目の民宿は素泊まりで1,100元。現在のレートだと4,200円ぐらいだから、まあそんなもんかなという感じ。台湾で物価の安さを痛感したのは食費と交通費で、その日の夜食べた麻婆ナントカは35元(約133円)。お腹を満たすには少し足りなくて、別の屋台で食べた中華そば風な何かは15元(約57円)。花蓮駅で発券してもらった雙溪行きの切符は307元(約1,163円)だった。同じ距離をJRの特急に乗れば5,140円かかるから、台湾にいると、どこにでも行けそうな気がしてくる。
 2日目となる23日は7時半前に宿を出た。花蓮9:05発の自強号(特急列車)に乗るまでの1時間半あまりがこの日最初の散歩。天気は薄曇りだったが、一部青空も見えていて、できれば晴れて欲しいなーと思いながら歩いていると、歩道に座ってこちらを見ているのがいた。
花蓮市の猫

 早安! 今天天氣怎麼樣? (おはよう! 今日の天気はどうかなー?)
花蓮市の猫

「……」
花蓮市の猫

 無反応なティックドタビー二毛。中国語や台湾華語は発音が悪いとまったく通じないらしいからな……。
花蓮市の猫

花蓮市の猫

 同じ通りにもう1匹。こちらは同じ二毛でもサビ模様。
花蓮市の猫

 この日の予定は、猴硐の猫村と十分をハシゴして、夕方には宿泊地の九份に着くというスケジュール。ちゃんと食べないと体がもたないので、適当な大衆食堂で滷肉飯のようなもの(50元)をかっ込んで散歩続行。さらに進むと、日本統治時代のものと思われる民家の屋根に1匹いた。
花蓮市の猫

花蓮市の猫

 呼べば降りて来るかと思ったけど、こちらを見つめてにゃあにゃあ鳴くばかり。
花蓮市の猫

 とりあえずカメラに収めて安心していると、頭の上から違う鳴き声が聞こえてきた。
花蓮市の猫

 鳴き声の主はこちら。
花蓮市の猫

 朝ラッシュさなかの花蓮で見つけた猫は以上。花蓮から自強号に乗り、車窓を眺めながらうとうとしているうちに、朝から痛み始めていた偏頭痛が強くなってきた。薬を飲んでも効かないことは分かっているので、ここは少しでも早く嵐(?)が通り過ぎるのを祈るしかない。
 自強号は猴硐には止まらないため、3つ手前の雙溪という駅で途中下車したのは11:17。後続の区間車(普通列車)が来るまで40分ほどあるので、痛い頭を押さえつつ、駅前をぶらぶらしてみた。
新北市の猫

 駅前通りで見かけた、食後と思しき三毛。昨日はぜんぜん見つけられなくて心配していたけど、台湾というのは基本的に「駅から出たら2分で猫」の国のようだな。
新北市の猫

 少し離れた場所にはサバトラもいた。
新北市の猫

新北市の猫

 三毛もサバトラも警戒心が強くて、なかなかアップでは撮らせてくれない。ていうか台湾に来てから人懐っこい猫に会ってない。淋しいんですけど。
新北市の猫

 前回も書いたように、台湾はどこへ行っても車やスクーターが多くて、道端で猫を見つけても、おちおち構っていられない。短い散歩だったにもかかわらず、頭痛と気疲れでしょぼーんとなって駅に戻ると、構内で寛ぐキジトラを見つけた。
新北市の猫

 恐らく宜蘭線が単線だった時に使われていた施設なのだろう。構造的に立ち入り不能で、猫がゆっくり寛げるスペースになっていた。駅から2分どころか、駅ナカにいたんだな。
新北市の猫

 後続の区間車に乗ったのは11:58。3つ先の猴硐で降りて猫村に立ち寄ったわけだが、このあと強烈な偏頭痛で動けなくなり、予定変更を強いられることになった。
 台湾レポートは日々の猫関係業務の合間に載せるので、次回は天気の悪い日にでも。 新北市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 立川市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 白河市の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  3. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  4. 昭島市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫
  8. 奥多摩町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP