丘の上の猫たち


八王子市の猫

 明日は一日だけのお休みで、旧居の解約にあたり、室内外の最終確認と鍵の返却に行くことになっている。拝島から引っ越した時は、街の小さな不動産屋が自己所有する物件だったので、確認の数日後には敷金の差額が入金されたが、今回は某巨大不動産企業の扱う物件なので、敷金が戻ってくるのに2週間くらいかかりそうだ。そのお金は新居の猫ドア2枚に消えることになっていて、それでも余るならウォシュレット、それでも余るならプリンタ複合機、それでも余るなら台湾という感じで順番が決まっているが、たぶん台湾は無理だと思う。
 猫の方は順調で、今まで何度か歩いてあまり成果のなかったコースで、たくさんの猫に会うことができた。いくつかの猫拠点を見つけることもできたので、今後の活動にも繋げられそうだ。
 歩いたコースは京王堀之内~松が谷。最初に見かけたのは、自転車置き場に潜む麦わら。
八王子市の猫

八王子市の猫

 早く移動したい様子だったが、俺がいるから出られない。悪いね、すぐ行くからさ。
八王子市の猫

 白っぽい民家の壁際に白っぽいのが張り付いていた。
八王子市の猫

 白じゃなくてポイントカラーだね。とても薄いレッドポイント。
八王子市の猫

 アーモンド型の小さな目がこちらを捉えて動かない。表情の読めない子。
八王子市の猫

 その並びの家には三毛もいた。この辺、意外に猫が多いんだなあ。
八王子市の猫

八王子市の猫

 とあるアパートで寛ぐ猫たち。地面の2匹のほか、1階のバルコニーにも1匹いる。
八王子市の猫

八王子市の猫

 茶トラ白はすっ飛んで逃げてしまい、残った銀三毛も風前の灯。写真を撮るだけなのにー。
八王子市の猫

 諦め切れずに張り込んでいたら、数分経って出てきた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 行き着いた先には三毛がもう1匹。こちらは普通のキジ三毛だった。
八王子市の猫

 深いブルーの目をしたチョコレートポイント。
八王子市の猫

八王子市の猫

 ここは急峻な河岸断崖に沿って建つ住宅地で、これは階段から見下ろして撮った写真。この子に会うのは6月以来2回目で、前回は目が合うなりすっ飛んで来たが、今日は割と薄い反応だった。
八王子市の猫

 駐車場に集う3匹の猫。ここの猫は警戒心が強いので、背中を向けている間に1枚撮っとく。
八王子市の猫

 しかし、すでにバレている。
八王子市の猫

八王子市の猫

八王子市の猫

 モノトーンの2匹は車の下へ避難して、のんびりさんのポイント三毛が残った。今日はポイントカラーの多い日。
八王子市の猫

 松が谷へ至る散歩は以上で終わり、モノレールに乗って高幡不動経由で帰ってきた。今日はお日柄も良く、駅から自宅への道すがらにも、何匹かの猫たちに出会った。
日野市の猫

 手前の三毛は初めまして。奥の茶トラ白は9日にも会った子。
日野市の猫

 君たちには今後もお世話になりそうだね。一つよろしく頼むよ。
日野市の猫

日野市の猫

 最後に見かけたのは魚屋の長毛キジ白。引っ越してきた翌日の夕暮れ時にも一度会っているが、改めて見るとずいぶんお年を召しているようだ。窓が開くのを待ってか、いつまでも張り付いて離れなかった。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.2.28

    無関係な3匹
  2. 八王子市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  5. 府中市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 相模原市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP