早朝から苦行


昭島市の猫

 一昨日は朝から立川市内を散歩したが、帰ってきてから頭が痛くなって寝込んだため、ブログの更新はできなかった。昨日もあまり体調が良くなく、結局二日続けて休載することになった。そして今は台風接近に伴って強い雨が降っている。明日も仕事が休みなので散歩はしたいが、雨だけならまだしも風がとても強いので、さすがに無理かも知れない。長いことご覧いただいている方はご存知のように、俺はどんな天気でも猫を探すが、風雨が強いと雨粒が霧状に舞ってレンズにくっつくので、写真撮影は難しくなる。
 そんなわけで今日紹介するのは一昨日の朝会った猫たち。この日は梅雨のさなかとは思えないほど空気が澄んでいて、日差しも強烈だった。冬ならそれでも日なたに出てくるからいいが、クソ暑い今の時期、見かけた猫はすべて日陰。コントラストが高くて真っ暗に写っているところ、そこにいる猫を現像で何とかするのは困難を極めた。
 1匹目は西立川のキジ白。トラ子さんの寝床をチェックしたら、代わりに乗っかっていた。寝ているかと思ったけど、ちゃんと薄目を開いている。
昭島市の猫

昭島市の猫

 その近くの路地では2匹の猫が寛いでいた。
昭島市の猫

 放熱モードとご飯待ちモードを兼ねた体勢。
昭島市の猫

 歓迎されていないのは分かっているけど、ちょっとだけ付き合っておくれよ。
昭島市の猫

 ……ダメらしい。
昭島市の猫

 アスファルトの上で寛いでいた黒も、民家の敷地に引っ込んでしまった。ついでにこのあと美人さんの妹にも逃げられた。
昭島市の猫

 冒頭書いたように、この日も気温の上がり方が早く、7時には30℃を超えた。こんな毎日じゃやってけねーよなどと一人ごちつつ、ゆっくり駐車場へのアプローチに入ると、日陰で黒いのがまったりしていた。
立川市の猫

立川市の猫

 ああっ、行かないで……。
立川市の猫

 そこの方が光線状態いいかも。却って助かった。
立川市の猫

 いつの間にか、ゆっくり1号も出てきていた。
立川市の猫

 日なたに出ていたのはほんの一瞬で、15分ほどの逢瀬は日陰で過ごした。久しぶりのゆっくり1号は、動くのがだるそうで、体調が良くないように見えた。急に暑くなったからなあ。
立川市の猫

 しんどそうなゆっくりちゃんと別れて再び歩き始めると、さっき黒に会った民家に大白斑の茶トラ白がいた。この子もここらで時々見かける子。
立川市の猫

立川市の猫

 所定の位置で涼む七三の婆さん。
立川市の猫

 母にはしばらく会っていない。子供たちがいたころは、必ずどこかで見張っていたものだけど、彼女が子供を産むことはもうない。見張るべき子供たちももういない。
立川市の猫

 とあるマンションのエントランスにぽつねんと佇む猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 朝から暑すぎて、これ以上歩いても見込みは薄いだろうと思いながら、このあとも緑道まで足を延ばしてみたが、予想通り徒労に終わった。8時前で店じまいなら、一体何時に起きればいいんだ……。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 新宿区の猫
  4. 高雄市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  3. 川崎市の猫
  4. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  5. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  6. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  7. 府中市の猫
  8. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP