微妙なポーズ


八王子市の猫

 俺の育った函館では昨日から新幹線が走り始めた。今は家族全員が道外に移り、実家も壊して土地を売ってしまったので、函館との縁はなくなったが、かつては帰省で何度も往復した道なので、それなりの感慨はある。若いころ、函館に帰省する時は、もっぱら上野発の夜行列車に乗っていた。中でも東北本線経由の急行「八甲田」は、同区間の寝台特急と所要時間がほぼ同じで、当時発売されていた「函館・大沼ミニ周遊券」が使えたので、2万円弱で函館と東京を往復できた。ネックだったのは青函連絡船で、四方を海に囲まれた船上で3時間50分もじっとしているのは、若い俺には辛いものがあった。新幹線はそれとほぼ変わらない所要時間で東京~新函館北斗を結ぶのだから、時代は変わったなあと思う。だがしかし、鉄道ファンでありながら、鉄道で旅するという選択肢は、今の俺にはもうない。今さら言っても仕方がないが、地方の鉄道路線はせめて上下分離方式にしないと経営が持たない。特に北海道のような冬の厳しい地域で、高校生運搬ぐらいしか用途のない路線を維持するなど、およそ不可能なことだ。新幹線の延伸や在来線速達列車の特急化・高級化にもめげず、頑張って高い運賃を払って鉄道を利用しても、それで得た利益は不採算路線の維持には回らず株主の懐に入るのみ。誰がそんなものに乗るかという思いだ。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日の猫は3匹に留まった。夜勤明けで体力が尽きていた上に、起伏の多いコースを選んだため、途中でヘタレてしまった。
八王子市の猫

 職場からほど近い団地の外れ。擁壁と植え込みの隙間で猫が寛いでいた。
八王子市の猫

「ん?」
八王子市の猫

 こいつは去年3月26日にも見かけた子。あの時は異動の打ち合わせのため、夜勤の前に和光に寄って、日が暮れてから職場に向かっていたのだった。その時は1年後ここに戻ってくるとも、こいつと再会することになるとも思っていなかった。お互い絶好調とは言えない感じだが、まあぼちぼちやっているようで何より。
八王子市の猫

 散歩コースは横浜線の橋本から相原まで。砂利の路地に猫影を見つけて、じゃりじゃり音を立てて近寄ったら、こうなってしまった。
相模原市の猫

相模原市の猫

 物置の上にキジトラがいた。
相模原市の猫

 おお、こっちに来るかな。去年は逃げられたんだけどな。
相模原市の猫

 ほら、おいでー。遊んであげるよー。
相模原市の猫

相模原市の猫

 ……ダメだった。
相模原市の猫

関連記事一覧

  1. 多摩市の猫
  2. 青梅市の猫
  3. 中央区の猫
  4. 立川市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP