新春猫めぐり・夜の部


横浜市の猫

 今日は昨日の猫散歩の続きを掲載。府中市内でぶらぶらしたあと、日が傾いてきたので、多摩川を渡って稲城市にやってきた。タイトルに「夜の部」とあるが、夜になる前に夕方というものがあるのだ。
 冬の日は短く、しかも影が長いので、晴れていても16時前にはほとんど撮影不能になる。初めての街を少し急ぎ足で歩き回っていると、公園脇の草むらで黒いのが日に当たっていた。
稲城市の猫

稲城市の猫

 こちらも日なたぼっこ中のキジトラ。
稲城市の猫

 日没が近く、次第に弱くなる光を惜しむかのようだ。
稲城市の猫

 日陰ばかりになってきたので、日中の撮影は切り上げて駅に向かっていたら、道路の向こうのアパートにもう1匹。
稲城市の猫

 可愛らしい顔のサバ白だねえ。道路を渡って近寄ってみよう。
稲城市の猫

稲城市の猫

 太陽が沈んで夜になったので、予定通り鶴見線に移動。カメラをバルブに設定して、三脚に取り付けて、一服しながら猫が出てくるのを待った。動く生きものをバルブでうまく撮れるのか、そもそも都合良く猫が出てきてくれるのか、見当もつかなかったが、30分ほどして建物の影からこちらを伺っているのを見つけた。明るく仕上げたので写真でははっきり見えるが、現場は暗かったので最初は気づかず、近寄ると消えるので、どうやら猫らしいと分かった。
 とても警戒心が強く、ちょっと動くとすぐに建物の裏に逃げてしまうので、こいつの写真はこれだけ。夜だけに瞳がまん丸だ。
横浜市の猫

 最初の1匹をきっかけに、次に登場したのはキジトラ。ちなみにこの写真のシャッタースピードは2秒、絞りF11、ISOは400。2秒じゃ動いてしまって無理なので、ほかの写真は絞りを開けて1秒にしたり、感度を上げて手持ちにしたり、色々な設定で撮っている。
横浜市の猫

 誰もいない駅だが、周辺の工場から色々な音が聞こえるので、耳がよく動く。
横浜市の猫

横浜市の猫

 にゃあにゃあ鳴きながら黒いのが線路を渡ってきた。尻尾の先だけ白いのがポイント。
横浜市の猫

 ごろーんも見せてくれたが、さすがに夜間はブレブレ。
横浜市の猫

 静寂な駅でばたばたしているのを聞きつけたか、どこからか黒白も現れた。
横浜市の猫

 こいつはここが定位置のようで、8月6日に訪れた時も同じ場所で撮った。5ヶ月ぶりだが元気で何より。ちなみに最初のキジトラも、尻尾の先が白い黒も、その時に会っている。
横浜市の猫

 電車が通過しても動じないけど、耳はイカになるのね。
横浜市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 奥多摩町の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  2. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 奥多摩町の猫
  8. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP