西寒川支線と川寒川支線の猫


寒川町の猫

 とことこ。
寒川町の猫

 「君は鉄オタだね。僕がモデルになってあげるよ」
寒川町の猫

 「見ての通り、ここには鉄道が通っていたんだよ。僕が生まれるよりずっとずっと前だけどね」
寒川町の猫

寒川町の猫

 廃線跡が遊歩道に転用されることはよくあるが、現役時代の路盤をそのまま残しているのは珍しい。サービス満点のキジ白は、むき出しになった枕木でポーズを決めてくれた。
 この線路はかつて相模線の寒川から分岐し、西寒川までの1.5kmを結んでいた相模線の支線で、通称「西寒川支線」と呼ばれている。相模線は相模川で採取した川砂利を運搬するために敷設され、西寒川支線は河岸から砂利を積み出す役目を担っていた。1964年に川砂利採取が禁止されたため、貨物収入を失った相模線は大赤字に陥ったが、沿線に軍都・相模原を抱えるため廃止にはならず、その代わりろくな設備投資もされず、旅客の少ない西寒川支線に至っては、3両編成の気動車が1日4往復するだけになっていた。終点の西寒川には駅舎すらなく、施設は落書きだらけでかなり荒れた状態だったそうだ。廃止されたのは1984年のことだから、この子のひいひいお婆ちゃんあたりが走る列車を見ていたかも知れない。
寒川町の猫

 視線を転ずればそこには枯れた池。ほとりで寛ぐ猫一匹。
寒川町の猫

寒川町の猫

 額に紋章。カッコいいサビ猫。
寒川町の猫

 さっきのモデルも戻ってきて休んでいた。
寒川町の猫

寒川町の猫

 「モデルはもうおしまい。あとは有料になります」
寒川町の猫

 西寒川支線の次に歩いたのは、寒川から分岐していたもう一つの支線、「川寒川支線」の廃線跡。こちらも川砂利採取のために敷設された延長0.9kmの支線だが、西寒川支線よりずっと昔の1931年に廃止されている。首都圏近郊にはこうした路線が無数にあって、このブログで紹介した中だと、時々散歩に訪れる府中の下河原線もそうだし、西武安比奈線なんかもまったく同じ役割で敷設された。河床というのは放っておいても洗掘や側方浸食が深刻で、砂利なんか取ったらどうなるか子供だって分かるのに、よくも1970年近くまで掘り続けたものだと思う。
寒川町の猫

 当てもなく来たのに都合良くいてくれるもんだね。
寒川町の猫

寒川町の猫

 こちらに気づいた途端、逃走を図った三毛。しかし俺は諦めが悪いのだよ。
寒川町の猫

 以上の3匹をもって今日の散歩は終了。スタートが10時すぎと遅かったので、機会があったらもっと早く行ってみる。
日野市の猫

 なお、今日最後の猫はこちら。
日野市の猫

 常駐の二毛はお昼寝を邪魔されて迷惑顔。俺はタモリ的な散歩ができて恵比寿顔。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  2. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  3. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  4. 多摩市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 日高市の猫
  7. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  8. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP