青梅丘陵秋景色


青梅市の猫

 今月は勤務シフトが楽なので、とても助かっている。月間労働時間は標準より1~2日分少ないぐらいだと思うが、日勤と夜勤の組み合わせがいいせいか、あんまり疲れを感じない。もっとも、余った体力は猫関係業務に回しているので、最終的に家に帰ってぐったりするのは変わらないんだけれども。
 さて、今日の散歩は久しぶりに青梅に行ってみた。坂の多い土地なので、見つけられなかった時のショックがでかいんだが、秋色の街並みを歩きたいという思いもあって、ダメ元で行ってみることにしたのだった。
 ここのところ朝から快晴の日が続いていたが、今朝の天気は曇り。日差しがあるのとないのとでは体感温度がぜんぜん違って、もう少し厚着すれば良かったと思いつつ、東青梅をスタートしたのは8時ちょうど。青梅線の線路に沿って歩いていると、どこからか猫の戦う声が聞こえてきた。途切れがちな鳴き声を頼りに、上り坂の細い路地に入ったところで、民家の敷地に潜んでいるのを見つけた。
青梅市の猫

 すでに戦いは終わったらしく、落ち着いた表情の黒白。鼻の頭から出血しているな。
青梅市の猫

 向かいの廃屋には、対戦相手と思しき茶渦(レッドクラシックタビー)がいた。こいつは丘の上の神社で何度か見かけた子だ。俺の行動範囲にはとても少ない毛色なので、よく覚えてる。
青梅市の猫

 ぜいぜい言いながら急坂を登って、鉄道公園にたどり着くと、のら園長が始業前点検をしているところだった。
青梅市の猫

「あらやだ、見てたの」
青梅市の猫

「今日は青梅線開業120周年のイベントがあるのよ。子供たちがたくさん来るから、念入りに点検しないとね」
青梅市の猫

青梅市の猫

 いつの間にか雲がなくなって、丘の上にも日が差してきた。落ち葉の上で、早速日に当たってるのがいるね。
青梅市の猫

青梅市の猫

 逃げ出した黒を逆光で撮ったら、雪虫が写っていた。もうすぐ冬だもんなあ。
青梅市の猫

 猫たちは日差しに敏感。屋根の上にも出てきた。
青梅市の猫

 黒かと思ったら胸元に白斑があった。こちらが近寄れないことを分かっているのか、安心しているな。
青梅市の猫

青梅市の猫

 丘から下りて、鄙びた住宅街を歩いていると、空き地に三毛がいた。
青梅市の猫

 この子は3年ほど前に子連れのところを見かけたのが最初で、今回は1年半ぶり。
青梅市の猫

 とある赤道(あかみち)に入って、電車の通過を待っていると、線路の向こうに猫発見。これはいくら何でも分かりにくすぎるので、写真にマウスカーソルをかざすと場所を表示するようにした。
青梅市の猫

青梅市の猫

 舌を鳴らして待っていたら、小さいのが様子を見に来た。どうやら茶トラの家族のようだね。
青梅市の猫

 いちばん大人な感じのこの子がお母さんかな。
青梅市の猫

 遠近感が分からないけど、こうしか撮れなかった写真。棚の向こうに茶トラがいる。
青梅市の猫

青梅市の猫

 散歩開始から2時間あまり経過して、さすがに少し疲れてきたので、街道沿いの寺院で休憩させてもらった。自販機で買ったりんごジュースを飲みながら、庭園を見物していると、植え込みから猫出現。予想外だったのでのけぞってしまった。
青梅市の猫

 あとを追おうとしたものの見失ってしまって、しばらく経ってようやく見つけたら、日に当たって気持ち良さそうにしていた。いわゆる一つのブラウンタビーポイントだけど、顔が焦げちゃったみたいだな。
青梅市の猫

青梅市の猫

 今日最後の猫は、天日干しの銀杏と一緒に座っていた黒。
青梅市の猫

青梅市の猫

 たぶんこいつは一度だけ会ったことがある。見分けのつかない黒猫だけど、確信を持って呼びかけたら、案の定、小走りで近寄ってきた。
青梅市の猫

 尻尾の形やお腹の差し毛からすると、去年の7月にこの近くで会った子で間違いないと思う。あの時は右目を悪くしていたけど、すっかり治ったようだ。
青梅市の猫

 ……で、引き続き俺の胸に飛び込んでくるかと思ったら、ちょうど通りかかった人に方向転換。この天真爛漫さは、近所の人に可愛がられているからこそなんだろうな。
青梅市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 新宿区の猫
  3. 名古屋市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 白河市の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  3. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  4. 昭島市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫
  8. 奥多摩町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP