茶トラ係長の白秋


立川市の猫

 俺が育った北海道の秋は暗く短く、雪虫が飛んだあとは鉛色の空から冷たい雨が降り続き、やがてそれが霙になり、初雪そして根雪と変わって、翌年3月ごろまでモノトーンな世界に閉ざされる。だから、東京に来た時は、秋の色彩の豊かさに、ものすごく感動したものだった。
 その時の感動はずっと変わらない。子供のころから、ゆっくり車窓を眺められる鉄道の旅が好きで、中学生の時に一人で北海道を一周するぐらいだったが、上京してからは、その対象は沖縄と九州南部を除くすべての県まで広がった。北海道に住んでいた時は、道外のことにはまったく関心がなかったのに、東京に来てからは、遅れを取り戻すかのように一人旅ばかりしていた。
 加えて、1990年代後半からは、夏の暑さが尋常ではなくなっているので、別の意味でも秋になるのが待ち遠しい。そんなわけで、今日も朝からいい天気だったのが嬉しくて、また10km以上歩いてしまった。
 家を出たのは8時ごろと、いつもよりやや遅めだったが、これは某巨大公園に行くつもりで、散歩の前半終了を9時半の開園時刻にぶつけるためだ。ほど良い時間だったのか、久しぶりに庇の上でシャム混1号が日なたぼっこしていた。
昭島市の猫

 ありゃ、逃げた。
昭島市の猫

 ご機嫌斜めなシャム混1号。ここのところ、我が家の近所では猫の戦いが勃発しているので、緊張状態にあるのかも知れない。
昭島市の猫

 散歩の前半は武蔵砂川からスタート。先日も書いたように、立川市内で猫を見つけていない町丁は上砂町だけとなったので、空隙を埋めるため、再チャレンジすることにしたのだった。前回は夜勤明けで難儀したけど、今日は15分ほどでつつがなく発見。おめでとうございます。
立川市の猫

 「どういたしまして」
立川市の猫

 1匹見つければ、そのあとは意外にたやすかったりする。上砂町の2匹目は、ご飯待ちと思しきキジ白。
立川市の猫

立川市の猫

 とある団地の裏庭に、キジトラが張り付いていた。ここでもご飯待ちかな。
立川市の猫

 「あとから来たんだから、うしろに並べよな」
立川市の猫

 秋晴れの日はコントラストが高くて、日陰が真っ暗。道路標識のところにいるのは、巡回中の茶トラ。
立川市の猫

立川市の猫

 どこかの飼い猫らしく、割と人慣れした子。背中に回った鈴をからから言わせながら、しばらくの間すりすりしてくれた。
立川市の猫

 上砂町の制覇が完了して、次の目的地である某巨大公園に移動。開園とともに入園して、人の気配のない木立を歩いていると、池のほとりに白いのが佇んでいた。
立川市の猫

立川市の猫

 近寄ったら茂みに隠れてしまったので、池を一回りして戻って来たら、地面で長くなっていた。この子は6月にも会っていて、その時の写真でキジ白か黒白と判定している(尻尾に色斑があるから)。今日改めて確認したら、尻尾はキジ色のようだったけど、白斑の大きな猫は、その下にどんな毛色が隠されているのか、見た目だけでは結局分からない。例えば茶色が隠されていれば、三毛ということになるわけだが、そもそもキジナントカとかナントカ三毛などという呼び名は、見た目に依存しているものだ。不都合があるとすれば、予想外の毛色の子が生まれてびっくりするぐらいだろう。
立川市の猫

立川市の猫

 広い園内をさらに行くと、熊笹の茂みに潜む黒白発見。景観にまったく溶け込んでいないな。
立川市の猫

 「悪かったな」
立川市の猫

 「いい眺めだなあ」
立川市の猫

 「でも、この季節が終わったら、とても寒くなるんだよなあ」
立川市の猫

 枯れ野となった湿地をしばらく眺めていた茶トラ白。ここには仲間がいるんだから、くっついていれば暖かく過ごせるよ。
立川市の猫

立川市の猫

 ぐう。
立川市の猫

 「……おお、私としたことが、うたた寝してしまった。年を取ると、まぶたが重くていかんな」
立川市の猫

 散歩の終わりに、スーダラ君と茶トラ係長の職場に寄ってみた。完璧な保護色モードで寝ていた係長は、人の気配で目を覚ましたようだ。
立川市の猫

 一方、スーダラ君は業務中。紅葉シーズンでお客さんが多く、忙しそうにしている。
 「係長は疲れているんだよ。僕一人で大丈夫だから、寝かせといてあげて」
立川市の猫

 しばらくすると、一段落ついたスーダラ君が戻って来た。
立川市の猫

 「どうだ、忙しくないか?」
 「へーきへーき。係長は休んでいてよ」
立川市の猫

 (内緒だからね)
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 中央区の猫
  3. 日野市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 青梅市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  3. 昭島市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  7. 小金井市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP