« 10月 2019 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2016-09-12
近所の子猫増えた

 子供連れで旅行する際、同伴する幼児(未就学児)二人までは運賃を無料にしている交通機関が多いが、幼児だけで旅行する場合には適用されず、小児運賃を払わなければならない。俺が初めて一人で国鉄を利用した5歳のころ、小児の初乗り運賃は10円で、家捜しして見つけた硬貨を旅行費用に充てれば、小遣いのない身でも一人旅が楽しめた。もっとも、10円で乗れるのは2駅先までだったので、10分にも満たないささやかな旅だが、横スクロールの車窓はいつまで眺めていても飽きなかった。10分間の冒険は小学校に上がって1時間になり、中学校で1週間になり、成人してからは、体とお金が持つ限りどこまでも乗り続けるようになった。今は年を取って衰退したため、座席に座ってじっとしていられるのは数時間が限度で、飛行機に乗ってもせいぜい台湾ぐらいまでしか行けない。それでもLCCの狭い座席ではかなり辛いが、猫を探すためだけの海外旅行に、それ以上のお金はかけられない(というか、かけてはいけない気がする)。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日は4日続いた休暇の最終日ということで、社会復帰するのが嫌すぎてナーバスになっているため、猫関係業務は軽めにしておいた。
 自宅を出て数軒隣の家の前を通りかかると、梨販売所の傍らで猫が番をしていた。
昭島市の猫

 「あれは冷やかしだな」
昭島市の猫

 「長年の経験で私には分かるんだ。果物を買おうなんてヤツは、もっと明るい顔をしているもんだ」
昭島市の猫

 灰色の熟女は元気かなと思って、住み処の路地を覗くと、熟女の代わりに猫の家族がこちらを眺めていた。先月来、たまに見かけるキジ色の親子だと思うけど、1匹増えているね。
昭島市の猫

 お母さんは子猫を2匹産んだのかな。それとも、真っ赤な朝に見かけたのも入れて、3匹産んだのかな。
昭島市の猫

 こちらが初めましての子。子猫といっても、生後4ヶ月ぐらいになっているようだ。
昭島市の猫

 「せっかく遊んでいたのに、何回も邪魔しに来て、しつこいヤツめ」
昭島市の猫

 先月から何度か見かけているのはこちらの子。その辺の葉っぱを使って気を引いてみたが、懐く気配まったくなし。まあそのぐらいの方が安全でいいのかも知れんな。
昭島市の猫

昭島市の猫

 その後バスで移動し、柴崎町界隈をぶらぶらしてみた。とある路地で2匹の猫が対峙中。
立川市の猫

 三毛はさっさと逃げてしまい、残った白は人懐っこいのか懐っこくないのか微妙な表情。
立川市の猫

 近寄ったら民家の庭に退避した。呼ぶと返事するので、時間をかければ何とかなるかも。
立川市の猫

立川市の猫

 ゆっくり1号の拠点にやって来た。塀にもたれて寝ているのがゆっくりちゃんだな。
立川市の猫

 「おいおい、挨拶もなしに行くのかよ。せっかくだから1枚頼むよ」
立川市の猫

 ……などと、うだうだしているうちに、気配を察してゆっくりちゃん出動。
立川市の猫

立川市の猫

 すりすり。この子は可愛いねえ。
立川市の猫

 最近ごろーんが拝めない。今日は2秒ぐらい見せてくれたが、短すぎて写真は撮れなかった。
立川市の猫

立川市の猫

 最後の猫は、1年1ヶ月ぶりの七三婆さん。
立川市の猫

 この子は本当に大人しい子。七三ファミリーが元気だったころも、少し離れたところに佇んで、黙って眺めているような子だった。調べてみたら、前回動いているところを見たのは2年前。その性格が身の安全を守ったのかも知れないな。
立川市の猫