濡れるか濡れないか


日野市の猫

 台風12号の接近に伴い、JRは昨日のうちから計画運休を発表していたようだ。最近は「災害の恐れあり」のレベルで事前に運休を決めることが当たり前になってきて、利用者もそれを受け入れているように見えるが、俺はこの風潮には疑問を持っている。鉄道というのは国家の根幹をなす重要な交通インフラであり、可能な限り運転し続けるのが使命だと思うからだ。もちろん現実にはそうは行かず、国鉄は分割民営化され、営業成績の悪い列車や路線は次々に廃止されている。一家に一台以上の車があり、国土の隅々にまで立派な道路が通る時代にあって、鉄道は本来の使命を終えたようにも見える。しかしここへ来て世界情勢は大きく変わろうとしており、我が国もそれと無縁ではいられない。少子高齢化も加速している今、大量輸送に耐える補給ルートをみすみす失うようなことを続けて、国土を維持して行けるのだろうか。鉄道ならたった一人の運転士で650tもの貨物を運べるのに。
 それはそうと、雨の方は事前に脅かされていたようなレベルではなく、霧のような雨粒が強い風に舞っているのみ。写真撮影にはまったく向かない朝だったが、悪天候でも頼りになる日野~甲州街道を散歩することにして家を出た。
 築堤下の猫民家に黒がいた。
日野市の猫

日野市の猫

 カメラが怖いのか、それとも強くなった雨が鬱陶しいのか、すぐにねぐらへ引っ込んでしまった。
日野市の猫

 同じ民家の奥の方には黒白もいた。朝ご飯待ちかな。
日野市の猫

日野市の猫

 この子は黒より辛抱強く、雨が当たっても動かない。
日野市の猫

 車の下からこちらを窺うサビ発見。
日野市の猫

 少し離れたら黒いのも出てきた。こんな朝でもみんな隠れて待っているんだねえ。
日野市の猫

「体温を保持するためにご飯を食べているのに、体を濡らしたら何にもならないでしょうが」
日野市の猫

日野市の猫

 サビは濡れるに任せている。人間と同様、女の子の方が皮下脂肪が厚くて寒さに強いのかな。
日野市の猫

「うるさいな、あっち行けよ」
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  2. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 奥多摩町の猫
  8. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP