« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2015-10-04
旧居から新居へ(2)

 俺の興味の対象はあくまで猫そのものであって、撮影機材や技法に対する関心はあまりない。しかしせっかく撮る以上は可愛く魅力的にと思うのが人情で、そうするには普段から撮りたい構図をイメージしておく必要がある。そうすれば、それに必要な条件が見えてくるわけだが、とりわけ猫のような気紛れな被写体が相手だと、いくら頑張って技術を磨こうが、高級な機材を買い揃えようが、それらが必ずしも実を結ぶとは限らない。猫撮影の成否の8割は運に支配されていると思う。怠惰な俺は、この運任せな、向上心を全否定するかのような動物の存在が気になって仕方ない。自分と同じ匂いを感じるからかも知れない。
 ……まあそんなことはどうでもいいんだが、今日と明日は夜勤で猫関係業務ができないため、残っていた記事を2回に分けて紹介する。今日は先月29日の後半から(前半はこちら)。
 この日は散歩の前半で茶白みーちゃんほか何匹かの猫に会い、そのあとバスに乗って新居に行き、庭先の寸法を測るなどの用を済ませた。新居の周辺では3匹ほど逃げられたが、いずれ住む場所なので、余裕かまして西立川の駅に向かっていると、砂利の駐車場の隅っこでごろごろしているのを発見した。
昭島市の猫

 トラ子さんじゃん。久しぶりだな。
昭島市の猫

 上機嫌でごろごろしていたトラ子さんだったが、俺の気配に気づいてお澄まししてしまった。引っ越し後はこの子に会う機会も増えると思う。
昭島市の猫

 ごろごろしているのはトラ子さんだけではなかった。
昭島市の猫

 西立川の猫は総じて怠惰だな。この街、好きになれそう。
昭島市の猫

 某巨大公園における怠惰な茶トラ係長。
立川市の猫

立川市の猫

 スーダラ君は隅っこで寝ていた。
立川市の猫

 「あれ、また来たの?」
立川市の猫

 年パス買ったから、元取らなきゃと思ってさ。
立川市の猫

立川市の猫

 日差しを嫌って影に入って来る2匹。すっかりお昼寝モードだな。
立川市の猫

立川市の猫

 引っ越したら自転車で来られるから、もっとたくさん会いに来るよ。
立川市の猫

 家に帰る前に再開発ファミリーの縄張りに寄ってみた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 巡回帰りの黒白。こちらに気づいていなかったらしく、呼んだらびっくりしていた。
昭島市の猫

 「用もないのに呼ばないでよ」
昭島市の猫

昭島市の猫

 玄関前に佇んでいたのは再開発4号。ここの猫たちはみんな似たような毛色なので感慨は薄いんだが、この子に会うのは1年ぶり。
昭島市の猫

 散歩開始から4時間近く経ち、疲れた体を引きずるようにして自宅に向かっていると、カーポートの奥で寛ぐ猫の背中を発見した。
昭島市の猫

 あれはキジ白4号だな。まったりしているな。
昭島市の猫

昭島市の猫

 その並びの民家にもいた。うちの近所って、実はかなりの数の猫がいるんだよなあ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 少し遠かったので、たまたま外に出ていた家の人に挨拶して、敷地に入らせてもらった。
昭島市の猫

 家の中から奥さんも出てきて、ほかにも何匹かいるという猫たちを紹介してくれた。この子の名前も聞いたけど忘れちゃった……。
昭島市の猫

 この日判明したことが一つ。再開発ファミリーやシャム混1号の縄張りなど広い範囲に出没し、時には我が家の屋根まで登ってくるダミ声の黒白(こちら)がいて、どこの猫だろうとずっと不思議に思っていたんだが、どうやらこの家の子だったようだ。引っ越す前に長年の謎が解けたので、この日の夜はぐっすり眠れた。
昭島市の猫