お別れは北から


昭島市の猫

 道路工事の進捗に伴って、シャム混1号と麦わら1号の路地が閉鎖された。日中は警備員が立哨しているので、猫を探すために覗き込むことも憚られる。チャンスは早朝しかないが、引っ越しまでの3週間あまりで都合良く現れてくれるかどうか……。
 今朝の散歩は、馴染みの猫たちへ挨拶回りのため、川沿いの団地巡りをしてきた。昨夜布団に入ったのが2時近かったので、6時すぎの起床はやや辛かったが、明日から夜勤なので、帰ってきてからお昼寝する前提。眠い目を擦りつつバスに乗り、団地の入口に降り立ったのは7時前のことだった。
昭島市の猫

 新旧の建物が混在する団地の中で、最も古い棟には数匹の猫が住み着いている。今朝の1匹目はやや長毛のキジ白だった。
昭島市の猫

 立派な尻尾で思い出した。こいつは初めてこの団地を訪れた4年前に、最初に見つけた猫だ(こちら)。猫の4年というと人間の15~20年ぐらいに相当する。よくぞご無事で……。
昭島市の猫

 団地の一角にある猫のお寛ぎ処で三毛発見。一緒に黒白もいたけど瞬時に逃亡。
昭島市の猫

昭島市の猫

 逃げた黒白はこちら。デートの邪魔して済みませんね。
昭島市の猫

 茶トラが朝の巡回中。
昭島市の猫

昭島市の猫

 意表を突かれて、こちらに向き直ったところ。後ろ足が逃げる気満々だな。
昭島市の猫

 団地の外れの歩道に茶トラ白が佇んでいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 カメラ嫌いな茶トラ白は、道路を渡って団地に戻り、入れ替わりで別の茶トラ白が現れた。
昭島市の猫

 「何だ何だ」
昭島市の猫

 「大きな目玉みたいなのが狙っているぞ」
昭島市の猫

昭島市の猫

 茂みに駆け込んだ茶トラ白の背後には、何かを物色中の三毛がいた。
昭島市の猫

 「あっ」
昭島市の猫

 「私は逃げればいいの? それともポーズするべきなの?」
昭島市の猫

 市境を越えて隣の団地にやって来た。道端のキジ白がこちらを見ている。
福生市の猫

 こちらから近寄るまでもなく、向こうからとことこやって来た。
福生市の猫

福生市の猫

 ありゃ、逸れた。
福生市の猫

 この子は会いたかった子。引っ越したあとも、この辺までならたまに来ると思うけど、まあ一期一会ということでご挨拶しておいた。
福生市の猫

福生市の猫

 バケツの水を飲んでいた白。分かりにくいけど白い首輪をしているので、この辺の飼い猫かな。
福生市の猫

 もう1匹の会いたい子は、散歩の爺さんに盛大に撫でられ中だった。
福生市の猫

福生市の猫

 よほど気持ちが良かったのか、爺さんが去ってからも、ごろんごろんが止まらない。
福生市の猫

 今朝の散歩はここまで。このあと熊川から電車に乗って家に帰り、予定通り14時すぎまでお昼寝した。引っ越しの荷造りしなくちゃ……。
福生市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 新北市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP