改築後に猫は戻るか


立川市の猫

 体調はまだ完全ではないが、引っ越し関連タスクが残っているので、予定を崩さないよう、今日の夜勤は通常通り出勤した。明日は午後から光回線の再工事があるので、正午までには平山の旧居に寄って、猫サーバとNTTのホームゲートウェイ装置を新居へ移送しなければならない。猫散歩はやや軽めのつもりで西国立~立川を歩いたが、いつもより疲れてしまって調子が出なかった。
 今日は最大瞬間風速19.0m/sととても風が強く、猫探しにはまったく向かない日だった。猫密度の濃いコースを選んだせいか、何とか数匹の猫に会うことができたが、どれも撮影には厳しい場所にいてくれちゃって、やや心残りでもあった。せっかく会って写真も撮るなら、なるべくカッコよく撮ってやりたい。
 ……つっても、こういう風に出会ってしまうのだから仕方ないんだけれども。
立川市の猫

立川市の猫

 塀を隔てて膠着状態。にこやかにアプローチを試みるも、返ってくるのはシャーばかり。
立川市の猫

 怒りんぼさんの路地で猫に会うのは久しぶりだったので、その点は嬉しかった。以前よく見かけたイケメン黒白は隠居生活に入ったらしく、外には出ていないようだ。
立川市の猫

 定位置で寛ぐのは羽衣町のクーちゃん。
立川市の猫

立川市の猫

 日陰と日なたの狭間で黒い被毛はキッツイわー。
立川市の猫

 民家の小さなお庭に猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 微妙に草木が邪魔するなあ。
立川市の猫

 ……でも近寄るとこうなっちゃうんだよなあ。
立川市の猫

 今日はモノトーンな日。次も黒白だ。
立川市の猫

 初めてこいつを見かけたのは2011年10月。この近所に拠点となる家を少なくとも二つ持っていて、もしかしたら名前も二つかそれ以上あるかも知れない。
立川市の猫

 その後、南武線の線路を渡って立川駅へ向かっている時に、チョビ1号の家が更地になっているのを見て気絶しそうになった。あの家の人ならちゃんと面倒を見ているはずだが、解体から改築・新築を経た家で再び同じ猫を見たためしはないんだよなあ。外飼いの場合、工事が終わって再び同じ場所に戻しても、もはや自分の縄張りではなくなっているので、定着しないのだと思う。
 散歩の最後は七三の婆さん。
立川市の猫

 見かけるのは去年6月以来。庭に猫ボックスが増設されていたので、ここに来れば母にも会えるかも知れない。
立川市の猫

 冒頭に書いたように、明日はリスケになった光回線の再工事があるので、午前中のうちに旧居の回線が止まり、15時か16時ごろには新居の回線が開通すると思う。その間に猫サーバを止めて新居へ運ぶ予定だが、夜勤明けのため途中で体力が尽きる可能性もあり、ブログは終日止まるかも知れない。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 江東区の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP