霧雨の朝は静かにゆったりと


日野市の猫

 今朝も雨音が聞こえていて、端から散歩はお休みするつもりでぎりぎりまで寝ていたが、身仕度している間に気が変わって、霧雨の中を少しだけ歩くことにした。外に出てみるとやや風が吹いていたので、散歩コースは極力短く、東中野から堰場のバス停1区間のみ。雨だけならそれほど支障にならないが、風があると雨粒がレンズにくっついて具合が悪いし、俺自身も濡れねずみになってしまう。
 猫ヶ丘では2匹の猫が対峙していた。
日野市の猫

 茶トラはとっとと逃げて、茶トラ白が残った。まだあどけない顔立ち。
日野市の猫

日野市の猫

 瞳の大きさで分かるように、かなり暗い朝。雨よりも、この暗さがモチベーションを下げてくれる。
日野市の猫

 猫ヶ丘のもう1匹は一昨日会ったばかりの子。雨宿りしているのが分かるかな。
日野市の猫

日野市の猫

 車の下ならもっと広いのに。
日野市の猫

 散歩中カメラに収まったのは、下記の常駐コンビ。
八王子市の猫

八王子市の猫

 最終的にはどちらも逃げるわけだが、黒白のゆったりさにはいつも救われている。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 相模原市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP