朝の猫・昼の猫・夜の猫


立川市の猫

 昨日は朝も昼も雨で撮影不可だったが、今日はよく晴れて散歩日和となった。朝は6:20ごろ家を出て、中央線直通に乗って国立の茶トラを探しに出かけてみた。2週間ほど前にも歩いたんだが、残念ながら今日も空振り。また機会があったら行ってみる。
 最初の猫は電車に乗る前。駅に向かってマンションの通路を通り抜けようとしたら、ばったりタキシード1号に会った。
昭島市の猫

 相変わらず痩せてるけど、涼しくなったので、少しずつ回復してくるかな。
昭島市の猫

 国立駅周辺から遊歩道にかけてゆっくり歩いてみたが、今朝は1匹の猫を見ることもなく、市境まで来てようやく立哨中の黒白に遭遇した。
国立市の猫

「防犯連絡所へようこそ」
国立市の猫

 ラーメン屋の老夫婦猫に会うつもりで向かっていたら、にゃあにゃあ鳴く声が聞こえてきた。振り返ってみると、初めて見るシャム猫が空き地の隅に佇んでいた。
立川市の猫

 美人さんだね。日なただったら良かったのに。
立川市の猫

 シャム猫のあと、ラーメン屋の裏に行ってみたら、老夫婦の面倒を見ていた町工場が引っ越して空っぽになっていた。空いた建物は老朽化が激しく、片付けが終わったら取り壊されるのかも知れない。あの猫たちはどこへ行ったんだろう。
立川市の猫

 どうして懐いてくれる猫ばかりいなくなってしまうのかな。淋しい気持ちのまま、なおも散歩を続けていると、団地の駐車場で黒いのを見つけた。
立川市の猫

 振り向くとキジ白もいた。今朝は遠景1枚、近接1枚のワンツーパターンが多いな。
立川市の猫

立川市の猫

 細い路地で毛繕い中の黒白。
立川市の猫

 君はおにぎり顔のお友達だね。俺が会いたがってたって伝えといてよ。
立川市の猫

 ここもいつもの路地。背中を見せるキジトラの視線の先には茶色いのが2匹。
立川市の猫

 キジトラのアップを撮っている間に茶色いのはどこかに行ってしまった。
立川市の猫

 会社近くの大きな駐車場で毛繕い中の2匹を発見。
立川市の猫

 七三の父と母だ。久しぶりじゃん。
立川市の猫

 ごろーん。寡黙な父にしては大サービスだな。
立川市の猫

 ごろにゃん。あんたそういう可愛いことできるんだ。
立川市の猫

 お昼休みもいい感じに晴れたので40分ほど散歩してみたが、唯一発見したのは網戸の向こうのヤルキナシオ1匹。ま、久しぶりなんだけれども。
立川市の猫

立川市の猫

 今日は会社帰りにも少し歩いてみた。とばりが下りて灯をともす小料理屋の前に三毛2号。
立川市の猫

 これだけ暗くなると瞳もほぼまん丸だね。
立川市の猫

 臆病なのでなかなか会えないブラウンクラシックタビー白もいた。
立川市の猫

立川市の猫

 お腹が空いてきたから帰ろっと。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 新北市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 狛江市の猫

    2020.12.1

    灰色爺さん
  2. 日野市の猫
  3. 府中市の猫

    2020.11.29

    クロエさん
  4. 府中市の猫
  5. 昭島市の猫

    2020.11.27

    パイプの季節
  6. 日野市の猫

    2020.11.26

    不変の縄張り
  7. 日高市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP